お客様の声/戸田様

  • 2019.07.06 Saturday
  • 18:20
山崎さん

こんにちは😃
先日、刀の鍔を帯締めにチャレンジした戸田です。
店内で素早く作ってくれた早業に驚きました‼️
山崎さんのお言葉を拝借して本当にジジイしか見てくれません😭
山崎さんに若い人にはわからないからジジイにナンパされるぞ❗️と言われて笑いましたが😅本当でした😅
でも大変気に入ったので鎌倉に行く時は気合の印としてつけていきます❗️

あれからネットで鍔を生まれてはじめて検索しました☺️
色々な形があるのですね❗️

蝋燭も鍔のデザインがカッコイイです❗️
本当はイランイランの蝋燭の鍔が欲しかった😢
価格の違いさえわからないものですからこれから勉強します💪

夏は浴衣に鍔をつけたらおかしいですかね❓

鎌倉の花火大会行きたいなと思ってます。
行けたら寄りますね🎆

それでは❗️長雨の影響で毎日通勤が憂鬱だけど、次の鍔を目指して頑張ります😄

山崎さんもお疲れ様です❗️

戸田

*************

いつも御来店頂きましてありがとうございます。

今年の鎌倉花火大会は7月10日(水)
残念ながら当店は定休日です‥‥‥。

浴衣帯に鍔、紛失しないようにお気をつけ下さいませ。

鍔のデザインは時代毎に特徴があったり作られた地域によっても様々、そして素材の鉄にも様々な種類がございます。
技法により価格も上下しますので、追々、数多く見て触れて覚えてみて下さい。

鍔は素手で触れて良し。
刀剣の刃は素手で触れないようにお願いします。

またのご来店、お待ち申し上げます。 店主






 

お客様の声/東京都 K様

  • 2019.07.05 Friday
  • 15:46
💖むちゃくちゃかわいい(*≧з≦)❤
お疲れ様です❗
蒸しますね😵
このたびは麗しい蝋燭お送りくださいましてありがとうございました😆
御手紙も嬉しく拝読いたしました😉
いやあ、、、。すごいですね、箱からパッケージから総て手作り、そして香りもよいセンスのをお選びですね!
つくづく山崎さんの数学的な、建築的ともうしましょうか。その精密さに、感服いたしました。
これは素晴らしい商品だと感じました。
調子にのってお気に入りの大正ガラスに飾ってみましたよ。

DSC_3243.JPG
***********************
お江戸よりお褒めのお言葉ありがとうございます。
硝子が活躍する季節到来ですね。
香りを楽しまれたら着火して下さい。 店主



 

お客様の声/市内 T様 no.15

  • 2019.07.02 Tuesday
  • 16:41

DSC_0092.JPG
テレビ前、右手前の墨引に備前猪口

「これ何?」と問われて「墨引というのですが、ここに墨を入れて〜糸を引っ張って〜‥‥」と御案内中に「中の御猪口もいいわね」

セットで所有して頂きました^^

記憶が正しければ開業間も無くの頃だったと思います。

あの頃は〜‥‥

Tさんとお話は尽きません。
DSC_0091.JPG
*須恵器

私の記憶では、こちら1点ではなかったはず‥‥まだ他にも須恵器、所有して頂いております(Tさんと確認します)

須恵器は下が丸い為、コロコロと転がります。

通常は縄を編んだ物を下に座布団として敷く場合が多いですが、Tさんのアレンジは籠でした。

なんだかホッとする一角です。


DSC_0087.JPG
こちらも2つ共に宋胡録・帯をランチョンマットに。

右に花籠。


実は、ま〜だまだございます。

Tさんと確認しながらアップしないでおこうと笑った物(御購入当日に居合わせた方が悔しがった場面等を思い出して)多数有。

私も帳簿を見る訳でもなく、何故かほぼ全て記憶しており、これは他のお客様の所有品に関しても同じですが、その時の会話も鮮明に記憶しております。

又、Tさんも「この時、亜希ちゃん、こ〜言ってたわよ^^」等、鮮明に記憶に残るのが美術品の売買風景。

Tさんを御存知の方は多く、Tさんが御記憶されておられる常連さんも多く‥‥不思議な事に「コレは◯◯県から買いにきた所を私が支払い済ませちゃってたのよね」と、2人の間と、その◯◯県の方も未だに御来店の際は「あの時は鎌倉の御婦人に一歩先を行かれたからな〜」と、共通の記憶として蘇ります。

久しぶりにTさんと記憶を遡りましたが、実に面白くも、時には「あ〜‥‥あの方はお亡くなりになりましたよ」との御報告も有り、そんな会話の中でも今回1番のTさんの御言葉は

『私も久しぶりにアレもコレも〜!と張り切って写真を撮っていたらね・・・死ぬのが惜しくなったわよ』

本当だね〜^^と笑いましたが、、、正直に嬉しい御言葉でした。

令和になり、人生100年と言われる時代到来で、Tさんと常々その事を話しておりますが、先は長いとして、今後共、末長く、宜しくお願い申し上げます。

Tさんはネットは御覧になられないので、後日、印刷してお届けさせて頂きます。 礼  店主 拝
 

お客様の声/市内 T様 no.14

  • 2019.07.02 Tuesday
  • 16:22

DSC_0098.JPG

*微塵花唐草7寸皿5枚組 江戸末期〜幕末期

 

「使いやすい7寸皿ある〜?」と仰いながら店内を見渡した時にTさんが「これ、いいわね〜♪」と手にされたのも、かれこれ10年以上前。

 

使いやすさからお選びになられたのですが、微塵花唐草文様で揃い組で、更に7寸皿は珍しいですよ〜‥‥‥の御説明中にも既に御検討から御決断の表情に変わられたのを記憶しております。

 

こちらは年間を通じてTさん宅で活躍されているようなお話をチョクチョク伺いますので、やはり使いやすい皿=古から残されるべき皿との解釈を互いにしております。

 

皿の縁に細い線で描かれた微塵花唐草文様が中央に添える料理を引き立てます。

 

御料理屋さんも欲しがっていた7寸皿。

 

皆様にも見かけましたら即決をお薦め致します。

 

お客様の声/市内 T様 no.13

  • 2019.07.02 Tuesday
  • 16:16

DSC_0100.JPG
*九谷海老文様なます皿・伊万里赤絵碗・輪島汁物椀

懐かしい‥‥懐かし過ぎる数々‥‥。

朱色一色で描かれた九谷のなます皿は海老と若松。
伊万里赤絵ろ同時期の幕末〜明治初期

輪島塗も細い線描きで牡丹が描かれた絶品。

どれもがTさんの即座の御判断により所有して頂きました。

珍しくもあり、使いやすい形状であり、食事が楽しくなる器の手触りが特徴の全て5客組。

九谷は10年以上ぶりに私も目にしました。

懐かしいです。

お客様の声/市内 T様 no.12

  • 2019.07.02 Tuesday
  • 16:11

DSC_0105.JPG
*藍九谷7寸皿

鶴が白抜きで描かれた1700年代の藍九谷。

お分かりになられる常連客の皆様でしたら

「おお〜‥‥こちらに納まりましたか」と仰るかと思います。

Tさん宅の日常品です。

よく、古美術品って普段使うの?と問われる方がおりますが、当店の顧客様は基本「使えないなら買わない」です。

使い込むことにより物の良さを味わって下さい。

おそらく、何が良くてここまで残ったのかが感覚としても御理解頂けるかと存じます。

お使いにならないと分からないのが古美術品です。

お客様の声/市内 T様 no.11

  • 2019.07.02 Tuesday
  • 16:06

DSC_0115.JPG
*古木壁掛に宋胡録

宋胡録も入荷が最近見られませんが御了承下さい。
中国の技術を元にタイで発展した焼き物です。

組み合わせ方が実に渋く枯れた空間に添える青葉が活き活きとしております。

 

物を中心に生まれる空間美。

 

お客様の声/市内 T様 no.10

  • 2019.07.02 Tuesday
  • 15:57

DSC_0117.JPG
*九谷菊花文様大皿

こちらは御覧になられた方は少ないと記憶しております。

入荷して間も無く、箱から皿立てに移した頃にTさん御来店。

「あら?素敵ね‥‥すごいわね‥‥‥」

沈黙の数秒‥‥もしや‥‥

「考えさせて」

翌日、電話「亜希ちゃん、あの九谷‥‥」

Tさん、本当に毎度有難うございます。の瞬間でした。

菊の花弁1枚ずつが盛り上がっており凸、手で触れるとポツポツとまるで本物の花のように輪郭が整っており、白地に紫色の花弁に関してはグラデーション技術が巧みな作であった事は目を閉じても思い出します。

背景を素焼きにして花を引き立たせる粋な作は陶工の挑戦を感じました。

これほどの状態で残っていた奇跡に驚いたものです。

お客様の声/市内 T様 no.9

  • 2019.07.02 Tuesday
  • 15:51

DSC_0121.JPG

*李朝面取六角徳利

 

手前の古木トレーと共にTさん「いいでしょ〜^^気に入ってるの♪」

 

主張しない美が日本人好み。

 

筆遣いも慣れた絵柄は一面ずつ異なる草花を線描きした作。

 

こちらは店主として、やはりTさんに納まりました!の納得の商談でした。

 

お客様の声/市内 T様 no.8

  • 2019.07.02 Tuesday
  • 15:47

DSC_0125.JPG

*元禄伊万里花籠 江戸・元禄期

 

涙流して逃した〜!と仰った‥‥Eさん、Tさん、Tさん、Kさん‥‥‥‥懐かしく御覧下さい。

 

元禄伊万里、かなり長い期間、当店に入荷しておりませんが、この皿が陳列している時は、皆さん余裕で、ま〜だ残ってるだろ〜な〜‥‥‥と横目に御覧になれた時代は既に懐かしく。。。

 

花籠となりますと数十年前までは「あ〜これが元禄!」と云う会話も多く、今では店頭で見かけなくなり、写しは巷で目にします。

 

御決断力に長けたTさんコレクションの中でも輝いております♪

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM