RSS | ATOM | SEARCH
漆器/素地の確かめ方

「自宅にある漆器が木で出来ているか知りたいのですが」

 

「旅行先で安いから衝動買いした漆の茶椀があるんだけど本物か確かめる方法ありますか?」

 

等の質問が割と多く寄せられます。

 

中には店頭で「本物か?」と聞かれる方もおりますが、当店では必ず確認作業を終えてから店頭に陳列しております。

 

長年、問い合わせごとに確認方法へのお答えをさせて頂いておりました。

年々、質問が増えておりますので、この度、コラムに記載させて頂こうと考えました。

こちらの記事を掲載する事に怪訝な表情を浮かべられる方は、まずおられないと思いますが、念の為、真実を掲載する事へのクレームは受け付けない旨を記載させて頂きます。

 

本物の漆とは?

 

まず、本物という言葉の概念から、こちらの漆に関して『素地が木材』であるか?という部分を強調します。

 

日本は高度成長に伴い様々な素材が開発され、今現在も研究が進み、生活はより豊かなものへと変貌しております。

 

漆の歴史の中でも、漆と見間違えるほどの出来栄えとされるものが多数生産されるようになり、現在では見分け方を問い合わせる方も多くなりました。

 

鼈甲や象牙も同じ傾向にございますが、今回は漆に絞り込みたいと思います。

 

まず、素地の木目が見えているものは問題ないと思います。

木目調に仕上げているプラスチックのものも有りますが、ほとんどが自然が生み出した木目かどうかは御判断がつくかと思います。

 

しっかりと漆を塗られた木目の見えない漆器に関してを今回はお答えします。

 

蒔絵などの装飾が施されたものは例外とします。

 

まず、見分けのつかない物の対象物の殆どは日常使える器かと思います。

今では電子レンジ可能の漆器風もございます。

こちらは購入時に店舗で確認をされるとわかりやすいですが、その場合は新しいものを購入する場と考えられますので、素材は明記して有りますし、店員に聞けばわかります(素材シールを貼る事が新しいものには義務付けられております)

 

当店では、古いものを購入する場合や、購入後の御不安を解決したいと思います。

 

まず、シンクに水を入れます。

バケツでも構いません。

 

(対象物が入る大きさのものに水を入れます)

 

そこに御不安を抱かせている対象物を入れます。

 

この時に浮かせるのではなく、水の中に沈めるように入れます。

 

FullSizeRender.jpg

 

すると、一目瞭然で素地が木材のものか、プラスチック製品かがわかります。

 

木材の場合=水に浮き上がります。

 

プラスチック製品の場合=水に沈みます。
 

 

お手持ちの漆器で「これは本物の漆器ですか?」と、お写真を送られる方がおりますが、大抵が漆黒の一色のものだったり、時には朱塗の椀だったりします。

 

写真を送られるよりも簡単に、上記の方法で御判断可能です。

 

是非、お試し下さい。

 

(お盆や折敷のような大きなものは風呂で試されると良いかと)

画像で御説明します

01.png
対象物が入る大きさのものに水を入れます。


02.png
対象物が水面に浮かないように斜めに入れます。

03.png
できるだけ水が触れる面積が広い事が好ましいので底まで沈めます。

04.png
底まで沈めましたら放置します。

05.png
そのまま水面まで浮いてこない場合はプラスチック製品です。

07.png
水面まで浮かび上がってきた場合は素材は木材である事がわかります。

 

 

もっと早く知りたかった!と仰る方がいるかもしれません。

 

私も店先で、これ程まで問い合わせ件数が伸びる案件とは考えておらず、一件一件に応じて参りました。

 

それも回数を重ねるごとに返信メール本文がフォーマット化してきましたので、今回、こちらにてご案内させて頂きました。

 

 

「漆器が欠けてから本物だったとわかったよ!」と仰った方がおりましたので、そのような事がなくなればという考えもございます。

 

一色塗りのものは修理も実は大変です。

 

黒と申しましても、黒にも色々ございます。

 

色の具合(色彩&濃淡)を調和させるのに、最も修復が困難なのも一色塗のものです。

 

黒一色だから修理も簡単だろう!と安易にお考えの場合は御注意下さい。

 

むしろ、修理費用がお高く付きますので、予め、本物の漆器である事を把握した上で大切に御使用願います。

 

*こちらも数多く触れる事により手の感触でも判断ができるようになります。陶磁器と同じ要領で多くのものを手に取り質感、重量をご自身の鑑定項目に加えて下さい。

 

 

おまけ

 

ひねくれ者様がきっとおられると思いますので、付け加えます。

 

「蒔絵を水に漬けろと言うのか!」

 

と、仰りたい場合は、少し冷静にお考え下さい。

 

蒔絵のような金彩を施す作業をプラスチック製品に、わざわざされる職人さんは殆どおられないと思います。

蒔絵の技術&腕がある方は素地から拘りますので、偽物はまず生産するだけ無駄(採算合わず)かと思います。

 

又、プラスチック製品に金蒔絵の場合、これは「蒔絵シール」と言うのが経験上、殆どです(貼ってこすって出来上がりのシール)

 

不安な方は、一番信頼できる店舗から購入されるのが宜しいかと思います。

 

現在生産されている漆器も素材により価格が異なります。

百貨店や漆器専門店でも、予め、ご確認の上、ご購入願います。

 

*当店では「プラスチックの方が食洗機に入れられるし〜。楽だし〜」と仰る方に無理に漆器をお薦めしません。皆様の生活に合わせて御使用下さい。

 

 

*驚きの質問が届きましたので記載します「仏像も木彫りなら浮きますか?」はい、浮きます。浮きますよ。浮きます。浮きますけどね。。。仏像に対しての水の比率云々ではなく、精神性のお話をさせて頂きたいのですが、、、仏像は裏をご覧ください。大抵のものが裏をご覧いただけましたら素材がわかります。仏像、、、特に古いものはむやみに沈めて〜浮かせないで下さい。試される方は自己責任でお願いします。仏像を沈めようとされる方は御自身の存在が本物?偽物?をまずは疑って下さい。

author:古美術 希, category:その他, 13:34
-, -
お客様の声/埼玉県M様
鑑定と査定をお願いしたMです。
お客様の声に

数年前に大掃除を兼ねて祖父が残した骨董品を売りたかったのでインターネットで希さんを見つけました。
写真鑑定をお願いして翌日にお返事をもらいました。
壷と湯呑みを送りました。
鑑定額は驚きの合わせて数千円。
理由をしっかりと説明してくれたので納得しました。
後から桐箱も見つかって、そこに書かれている文字を読むと最近のものだとわかりました。
それからお詫びのメールを送って1年経ちました。

母と鎌倉へ出かける用事があったので希さんに寄ってみました。
店のものを見ると祖父のものとは違って古いものだと素人でもわかるものばかりでした。

(省略)

母が買った蕎麦猪口を祖父の収集品に並べてみてわかりました。

他にもたくさん眠っているのですが、私なりに希さんにお願いしても恥ずかしくないものがあったらメールしたいと思います。

多分、ないと思います 笑
(画像使用許可文有)←ありがたい限りではございますが今回は使用しません(以下に説明有)

----------------------------------------------------------------------

ちょうど1年前の今時期にメールを頂き、湯呑みと壷の鑑定、査定をさせて頂きました。
画像使用許可も本文にございましたが、昭和のものですので、今現在も大切に保管されておられる方も多くおられると考え、画像掲載は今回はやめる事にしました。
(同じものが量産されておられるものです)
当店は古美術品を主にしておりますので100年が目安になります。
こちらの御依頼品は昭和のもので、湯呑みは夫婦茶碗の桐箱入でした。
結婚式の引き出物等を鑑定、査定依頼される方がおりますが、大変恐縮ですが価格はほぼ付きません。
Mさんの場合、壷は高さ30cm程の赤が特徴的な有田の壷と湯呑み2客。
後に見つかったとメールを頂戴した際に、桐箱に「有田」と記載されておりましたので、伊万里、有田と称する時代背景のご説明もさせて頂いた記憶がございます。

Mさんとは、こうして御来店頂き対面できました事に感謝申し上げます。

ご注意ください:鑑定、査定のみのご依頼はお断り申し上げております。必ず必須項目明記の上、御依頼願います。
 
author:古美術 希, category:お客様の声, 12:54
-, -
お客様の声/市内 Y様御夫妻

(省略)
以前、家内と店の前を通りがかった所、珍しい地図皿が置かれてありました。

帰りに寄って値段を聞こうと悠長に鎌倉へ出かけてしまい、その日は帰りが閉店時間に間に合わなかったので翌日に電話して値段を聞きました。
すると、既に売れたと聞いたので、なんて惜しいことをしたのだと悔やみながら数日して再び店の前を通り過ぎました。
記憶が定かではないのですが緑色だった記憶から織部の茶器だと思い、その日も急ぎで都内に向かう用事があった為、後ろ髪を引かれながら電車に乗車。
その日の夕方に閉店より数分前に戻ってこれたので店に入り、その時も売れてしまったと聞かされ、こんなに何度も逃すのはよっぽど縁がないと諦めておりました。
希の前を通る時はなるべく見ないようにするのですが、どうしても気になって見てしまいます。
先日は店の前に飾ってある須恵器にローズマリーが非常に気になり電車を1本見送りドアをあけました。
買えなくはない値段を憎みつつ、店内を拝見させて貰うと憎き衝動を掻き乱す品が数点陳列されて悩みました。
急ぎであることを告げて失礼ながら値段だけを聞いて電車に乗りました。
ここでスマホを取り出し希のホームページを開いたら私の財布はどうなるだろうかと葛藤しながら覗き見する自分に呆れました。
調度その翌週に家内の誕生日を控えていたので、これは口実になると疚しい考えを抱きはじめました。
お客様の声が非常に気になる私は東京駅に着くまでの間読み続け、その日から日本橋界隈の古美術商を巡りました。
我が家は希から徒歩圏内にあるのが悩みどころ。
家内も嫌いではなく、むしろ器は好きな方で独身の頃から集めています。
時折、家内も店に立ち寄り私の悪口を話してきたと言ってますが、そこはお二人の時間なので触れずにいます。
(省略)
家内が何か間違いを起こしてアレを買ってこないか?とか、うまいこと言って値引きしてこないか?とか、そんなことを妄想しているうちに須恵器購入の快諾を得ようと話しかけました。
すると、それよりも皿が欲しいと言われてしまい、渋々、店に問い合わせのメールを入れた所、皿は来週末に夫婦で出向いて選ぶ事になりました。
そして、最近最も購買意欲を掻き立てられていた須恵器の値引き交渉を試みた所、これまた私は付いてなかった。
昨日売れたと返事をもらいショックのあまりしばらく途方にくれました。
欲しいものは手に入れないと二度と出会えるものではないと頭ではわかっていながら3度目も逃した自分の愚かさに今後は気合を入れて値段を聞こうと考えました。

と、言う具合に書いてみました。
希さんとすっかり仲良くなった家内が笑って読み直してOKを出しています。
お客様の声に面白い話があるとついつい読んでしまうので我が家も参加したいと願い出た所存であります。

それでは今週末にお皿を選びにお邪魔します。
よろしくお願いいたします。
author:古美術 希, category:お客様の声, 12:09
-, -
お客様の声/東京都 編集S様

 

本日はありがとうございました!
 
 こんばんは。
 編集のSです。
 
 本日は開店早々におうかがいしましたうえ
 すっかり長居をして失礼をしてしまいましたが、
 山崎さんにお会いできて嬉しかったです!
 取材以来ずっとまた訪ねたいと思っていましたので、
 ようやく念願を果たせました。
 
 思いがけず素敵な器にも出会えて大満足の一日でした!
 家に戻ってからも眺めまわしました。笑
 蓋物のほうは遠くから見ると絵付がより繊細で、
 近くで見るのとはまた違う魅力がありますね。
 江戸時代の職人さんの手仕事に思いを馳せずにいられません。
 普段使っている器と違う質感にも、本当に虜になっています。
 大事にしつつ、どんどん使っていきたいと思っています。
 
 またぜひゆっくりお話させてください〜
 山崎さんとのお話、とっても楽しくて時間を忘れるほどです。
 今度は時間を空けずにおうかがいします。
 
 これからぐっと冷えてくるようです。
 風邪も流行っているみたいですので、
 くれぐれもご自愛くださいね。
 
 ではでは。
 
 

/編集

----------------------------------------------


再びこんばんは!

お忙しいなかご返信くださり、ありがとうございます。

(省略)

山崎さんお墨付きの、本物の古伊万里に出会えたこと、
まさにご縁だとしみじみ感じています。
素人目にも高い技巧の持ち主が手掛けたのだなと、
じわじわ伝わってきてます。
何度見ても絵付の繊細さが見事です。
「本物」を身の回りに置くことって、ほんとうに、大事なのですね。
自分の価値観も変わるし、世界が違って見えるくらい。
初めての骨董を購入したお店が希さんで良かったです。

「お客様の声」、ぜひ載せてくださいませ〜
上記もあわせて自由に編集なさってください!

(省略)

ではでは、今後とも、よろしくお願いいたします。





----------------------------------------------

*数年前に雑誌の取材で当店へ訪れて頂いた編集のSさんの思いがけない御来店(まず、ここで驚き!)

更に古伊万里蓋物碗をお選び頂きました(さすが・・・)

この度『も』、ありがとうございました。

古美術品との出逢いの場ですが、店主として、数年前にうけたSさんの取材が数年後にこうして再び、お互い成長して(年食ったとも言う^^;あははははは〜)再会出来ました事に感謝申し上げます。


益々の御活躍を矢印上き

*編集&取材の意味をどのように明かして良いのやら?と考えたのですが、敢えて、そのまま今回の経緯(ストーリー)として記載させて頂きました。
author:古美術 希, category:お客様の声, 14:21
-, -
実りの秋

本日は秋の食卓に添える器を御提案致します。

実りの秋と聞きますとフルーツを思い浮かべる方が多いかと思います。

そこで、普段着席されているテーブルの上にさりげなく添え、そこに四季折々のフルーツを入れて頂ける、謂わば『年中使えるインテリア感覚の器』として数点程、写真におさめました。


01.jpg

和食器で大きめの鉢をご覧になられると「あら?どんぶり?」と聞かれる方が割と多いのですが、実は、大きめの鉢の形状をしたものは茶会で用いられる『菓子器』として作られたものが殆どです。

茶会では大きな鉢にお客様の人数分の和菓子を入れて器の上に箸を添えてお出しします。

お茶会に馴染みがない方にはイメージしにくいかと思いますが、抹茶の席を思い浮かべて下さい。

和菓子を入れて両手で器を持ち隣の方にご挨拶をして自分の懐紙に菓子を移します。

その時に、和菓子が取り出しやすい形状のものの方が招かれる側としては有り難く、扱いやすいというものです。

(取り分け用の箸が添えられていない場合もございますので臨機応変に対応して下さい)

ご自宅でいちいちやってられないわよ!と仰る方の場合は、今回の写真のように果物を添えてテーブルに配置される事をお薦め致します。

収集家の中には飾る方と使える器が好ましい仰る方の両方いらっしゃいます。

どちらでも構わないと考えておりますが、出来れば使って楽しみ後世に残して頂き、そして更に100年後の方々の手に渡り、その時の使い方をされる事が好ましいと考えております。



02.jpg

テーブルに配置する場所までは指定致しません。

日常生活の中で頻繁に目につく場所に配置されれば、そこに季節毎の野菜や果物が添えられているだけでも日本の四季を味わえますし、日常的に使えて目にするかと思います。

それでは、何故、日常生活で使う事を薦めるのかと云う疑問にお答えさせて頂くとするならば、当店では毎日『見る』事により、目利きとなるとお伝え致しております。

古美術、骨董商に出向かれるたびに「わからない」とか「覚えられるものなの?」と仰る場合は、何か1つ、御自身の好みに合うものをご購入されて手元に置かれる事が1番御理解頂けるかと思います。

2枚目の写真は伊万里の染付と称されるもので、古美術、骨董商で必ずと申して良い程、目にされる確率が高いものです。

伊万里は磁器を学には必ず歴史的にも触れる回数は多く、伊万里を基準として日常使える器を探される方は多くおられます。

伊万里と申しましても価格がピンキリなのは何故か?と聞かれますが、伊万里は江戸時代に入ってから日本で数多く生産する磁器を代表するやきものです。

江戸のはじめに作られた初期伊万里と、江戸中期の古伊万里と幕末以降に作られた伊万里とでは呼び方も異なりますし、価格も簡単に申せば100年単位で異なるのが価格の幅がある理由です。

例外もございますが、基本的に古くなればなる程、高額となるのは100年単位で現存してきた事から価格が加算されるとお考え頂けましたら、わかりやすいかと思います。

写真のように時代物の伊万里を食卓に配置する事により、呉須の色味や肌の色(釉薬の色)などから目が馴染み、古美術、骨董商に出向かれた時も「あ、うちの物より色が薄い」とか「うちの物よりも白地がハッキリしてる」と、わかるようになります。

再度、申し上げますが番外編のような作りのものもございます。このような物に遭遇した場合は店主に質問された方が宜しいかと思います。
不安なまま購入されますと、その後も不安は残ります。
​​

03.jpg


こちらは上と同じですが、左側のラ・フランスを手前に倒しただけです。

美術系の学校に通われる方用に添えました。

構図のお勉強やデッサンを行う場合、モチーフの角度を変えるだけで画面の空気が異なります。

ほんの小さな変化ですが、上のものより、こちらの方が少しだけ空気が張り詰めたものから、和らいだ雰囲気になるかと思います。

華道でも少しの空間の変化により全体から受ける印象が異なってきます(人で申しますと髪型とかですかね)

そんな遊び心を追加した理由は、これが果物ではなく「花」の場合は、家主が生けたものに手を触れる事は避けるように記載させていただこうと思いましたので、追加してみました。

余談になりますが、近年、飾られている花を触る方が多く、これは全体のバランスを考えて生けた方へ大変失礼なことです。

ホテルのロビーや一般の方々が行き交う公共の場で手を触れるのはやめましょう。


04.jpg

最後に、これは上のお話の流れで器としての用途よりも、それぞれを違和感なく配置する意味合いで撮影してみました。

例えば、盃洗の伊万里を竹籠に変更しますと、全体的に渋い印象になりますが、きっと目線が流れてしまいます(流れるとは印象に残らないと言う意味合いで記載)

少しだけインパクトのある印象を与えるには果物には存在しない色『青』を付け足す事により、より自然が生む色彩が際立ちます。

又、秋の果物と調和の取れる高麗青磁の徳利などは全体のバランスを調和させる効果もございます。

インテリアとして楽しむだけではなく使って頂けましたら嬉しく、更に、そこに個々人の持つ「センス」をプラスされると楽しくなります。


収集される方はそれぞれの収集哲学が個々人でございます。

それは、それぞれの経験と知識、好みやセンスから深みを持ち合わせ、第三者がどうこう口を出す範囲ではなくなってきます。

古美術、骨董の初心者の方にも、実は、わからないながらも好みはございます。

その好みを追求し、漠然とした好みの中から「あ!これだ」と感じた時が古美術初心者から脱します。

その時にお力添えするのが古美術、骨董商の役割でもあり、おそらく、ほとんどの店舗が売れたら良いとだけお考えになって商売はされておられないと思います。

古美術品、骨董品を所有する事へのイメージが近年の様々な情報から難しくも怪しい印象を持たれておられる方もいらっしゃいますが、それはそれで、収集されなければ良いだけのお話であり、あくまでも、古美術、骨董品がお好きな方とは別の次元のお話となります。


まずは、古美術、骨董品にご興味のある方はお近くの店舗を訪れる事からスタートされる事をお薦め致します。

お客様と店舗にも相性がございます。

信頼できて、尚且つ、同じような目線の元、対話が可能な店舗をお探し下さい。

古美術、骨董のデビューとして所有される物の代表格ですが、以前は蕎麦猪口や小皿と仰る方が多く感じられました。

しかし最近は小皿(特に豆皿)がほんの僅かですが値上がりの傾向にあるのが理由かは不明ですが、本日、御紹介させて頂いております、大きめの鉢や7〜8寸皿の方も増えました。
​勿論、店主が店頭で感じている事ですので全国的にはどうか?と聞かれたらわかりませんが、印象として御自身御一人用として所有されるよりも、御家族全員で使えるものを探される方が多くご来店されます。

小皿や蕎麦猪口は相変わらず海外の方々の気軽な土産品として人気ですが、海外の方々も上記に記載した初期伊万里〜古伊万里は学ばれておられるので、なかなか驚くようなものをお求めになります。

もし、これから古美術品を所有されて見たい!と仰る場合は、そんな事情も考慮した上で、今現在、何が求められているかをリサーチされるのも面白いと思います(これから店舗を構える方にもオススメポイントです)

それでは。


良いものが皆様の元に納まりますよう切に願います。


本日も海外からのお客様が多く、こちら鎌倉も観光シーズンを迎えます。

何かございましたら、メールにて承ります。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。


author:古美術 希, category:食と器, 13:54
-, -