薩摩の小さな壺

  • 2020.02.16 Sunday
  • 17:02

背後の印籠をサイズ見本にご覧下さい。

現在は店の表のウィンドウに陳列しております。

薩摩小さな世界を持つ作風は隠れたコレクターも多く、こっそりと暖簾をくぐられては「おいくら?」と、御声がけ頂くのが常でございます。


*薩摩壺no1 クリックで商品ページが開きます


*薩摩壺no2 クリックで商品ページが開きます



こちら2点と同じく現在ウィンドウに陳列している抹茶碗をアップ致しました。


ご近所の方々からも御声がけの多い優雅な薩摩焼の数々は、今しばらくウィンドウに陳列しております。


お早めにご検討下さい。

 

九谷香炉まとめてアップ完了

  • 2020.02.16 Sunday
  • 16:19

IMG_3244.jpg
先日入荷しました「九谷香炉」アップ完了です!
*以下、画像クリックで商品ページが開きます(古美術希)

IMG_3245.jpg
オレンジ色に近い朱色に華やかに描かれた菊。
モダンな雰囲気から当時の時代背景が伺えます。

IMG_3246.jpg
こちらも小さな丸い世界観が可愛らしくも健気な香炉。
庄三写です。写でも時代保証します。
足が1箇所折れていたので修理を施しました。



こちらは四角い香炉と云うだけでも珍しく、作る工程も手間がかかるのですが‥‥驚くのはサイズ。
4.9cm/3.3cm 高さは上の獅子を含めて僅か7.2cm。
金彩で鶴に宝紋様が描かれた極小サイズの香炉です。
これ以上小さな香炉は滅多にないと思われます。


パッと見、薩摩かと思いましたが、こちらも九谷焼でした。
裏に九谷と記されておりますが、ポイントは薩摩肌質のように象牙色で貫入は入っておりません。
内側をご覧頂けましたら白地が確認出来ます。
画像の裏側が割れておりましたので金継致しました。
お買い得かと思います。


こちらは扇型の香炉です。
姿形が素晴らしいです。
蓋を開け閉めする度に感動します。
正面からの画像は商品ページでご覧ください。
この形状を発注して作られた方は知的な方だったのでしょう。
絵柄も素晴らしく、香りと共に哲学の時間をお過ごし下さい。


全て共箱無し。
手のひらサイズの極小香炉をご紹介させて頂きました。

お早めにご検討下さい♪


 

「和」バレンタインチョコレート

  • 2020.02.13 Thursday
  • 16:59

IMG_3186.jpg
行政書士寺内恭子事務所の寺内さんから愛の証♪頂戴也♪冗談です

 

*相続・遺言・古美術品輸出入監査代行業務などのご相談は「法律家へご相談」こちらから御申し込み下さい。

*それ以外のご相談は行政書士事務所へ直接ご依頼頂いても構いません。

いつもお世話になっております♪
IMG_3191.jpg
日本茶ショコラとの事でしたので、久しぶりに抹茶でご紹介。

(ちょっと御湯を入れ過ぎました‥‥写真撮影しながら御茶を点てるのは難しいです)

IMG_3192.jpg
抹茶碗は黒楽、棗は本金蒔絵渦巻平棗、チョコレートを添える菓子器には三島を選びました。

(本来は先に菓子器をセッティング)

IMG_3193.jpg
色彩が個人的に好みです♪

IMG_3195.jpg
いいですね♪

IMG_3198.jpg
茶杓も添えて‥‥

IMG_3200.jpg
抹茶は八女です。

(偶然にも玄米茶・宇治抹茶と八女抹茶ショコラでした♪)

IMG_3201.jpg
和のバレンタインでした。

バレンタインのチョコレート♪
実は他にも頂戴しておりまして‥‥今年もモテてます^^;冗談です
また機会を見て器と共にご紹介させて頂きます(一斉に開封しますと肥るので)

明日はバレンタイン♪
抹茶とショコラ♪

食べ合わせとしてお薦めします♪

*抹茶碗をお選び頂く際に茶筅が必要な場合はお声掛け下さい。現在、茶筅の販売は終了致しました。

*2/14抹茶碗完売です

どちらがお好みですか?富貴長春 有・無

  • 2020.02.08 Saturday
  • 17:39

IMG_3160.jpg
古伊万里微塵花唐草紋様猪口5客組を古美術希商品ページにアップ完了しました。

さて、同じ紋様なのに、なぜ価格が異なるのか?を、こちらでご紹介致します。

IMG_3161.jpg
器を裏返し高台に書かれた漢字をチェックします。
書体は様々ございますね。

ここで注意事項として「人名」所謂「作家名」が書かれているものは古美術の枠に令和2年の現段階で該当しません。
作家名が入るのは明治維新後からチラホラ‥‥あるか?ないか?ほぼほぼ無いと御考え下さい。
勿論、例外もあるので、ここは基本知識として提供します。

今回は、同じ時代に作られた上で同じ数も現存しているのに販売価格が異なる部分のご案内です。
知識のある方でしたら、いや、例外もある!と仰りたくなるのも承知で進めます。

上の画像の高台(器の足の働きをしている部分)の中央に「富貴長春」と有るものと、無いものがあります。

富貴長春」については過去記事「銘」裏返して下さい←でも少し触れておりますが、元々は中国の言葉で縁起の良い意味を表す為、それに肖り好んで使用されていたと考えております。

実際「富貴長春」と記して有る器を数多く扱って参りましたが、献上品の証でも有る!と同業者の諸先輩方が仰る通り、実物を拝見しますと出来の良いものがほとんどで、業界用語を用いると「上手/じょうて」とされる作りのしっかりしたものが圧倒的に多いです。

作り手の緊張感を味わえる真面目な作りが多く、器自体の佇まいから風格を感じ取れるのは「富貴長春」と書かれたものをご覧頂きますと御理解得られるかと思います。

IMG_3152.jpg
江戸中期〜後期の作。
高台に「富貴長春

IMG_3150.jpg
お気付きかと思いますが、江戸時代の流行の紋様「櫛高台」が描かれております。
「櫛高台」とは、髪を梳かす櫛をイメージされて正解です。
器の下より伸びる直線が特徴で「櫛高台」にも、様々な表現があります。
「櫛高台」にも番外編と言える、ご覧になられた事のない描き方をされた物もございます。
珍品を見かけましたら即決出来る様になると蒐集が面白くなります。

今では、殆どの古美術商が親切に珍しい紋様だよ!と教えてくれるはずなので、珍品かどうか?は、数多く扱ってきた熟練の方々にお声がけされて確認されてからが宜しいかもしれません。
慣れてくると即決は瞬時に出来る様になります。
当店の顧客様の即決は店主の言葉を遮るように「買います」と発せられるので有難い限りです。

長々と説明をさせて頂く場面は今もございます。
ご納得を得られるまでには言葉で伝えるには限界もございますので、有る程度、あちらこちらで目を慣らして専門書を1冊御拝読頂けましたら商品説明の基本は省けます。

あとは珍品かどうか?とか、これは良く有る紋様だよ!と、ご自身でご判断がつきます。

ちなみに、今回ご紹介中の紋様は『定番中の定番』です。

IMG_3157.jpg
こちらは「富貴長春」ともなんとも書かれておりません。
何も買いてないから怖い‥‥と、仰る方は、初心者の方が多く、上記にも述べましたが、むやみに何かしら人名が書かれているものは近代の作家物の為、こちらは工芸家の価格設定となりジャンル外となります。

古美術商の枠では作家物も時として扱いますが、基本的に江戸時代含め、古いものには、まず銘は記されておりません。

*屏風絵や浮世絵などのジャンルは別

高台の中央になにも書かれていない=古い物に該当する確率は非常に高いです、が!しかし、近年の写し物は巧妙な作りもございますので、ここだけでご判断されるのは避けて下さい。

IMG_3159.jpg
こちらも時代は同じく江戸中期〜後期。

 

表面に描かれた微塵花唐草紋様が実に手馴れております。

大きさですが、1cm程の誤差はありますが、大きい子もいれば〜小さい子もいる〜♪と、こちらの方が意外と蒐集暦の長い方々に好まれるのは‥‥当店だけでしょうか?

 

不揃いな所に愛着が生まれ、愛でる時には違いを探し、様々な場面で使用される方が多くご来店されます。

 

御猪口は、基本的には酒器が主流ですが、お煎茶碗としてご使用されたり、料理屋では少量の珍味を加えてお盆に並べて出されたり、皿の縁にさりげなく添えられたりと使い方は様々ございます。

 

当店の顧客様は酒器蒐集が多いですが、その他の方は料理用にお使い頂いております。

 

定番の柄ではございますが、確実な時代を歩み、合わせやすい絵柄と親しまれてきた器。

 

価格の違いをご理解頂いた上で、ご検討下さい。

 

それぞれの画像クリックで商品ページが開きます。

 

なかなか揃い組は少なくなった「猪口」の中から、定番をご案内申し上げました。

 

絵柄違いは単品店頭販売致しております。

 

面白い絵柄を揃えて下さい。

 

最後に海外の方々が一時期、日本酒ブームで、かなりの酒器をご購入されて行かれました。

 

手作りの器は口当たりが良いと好評の為、国内に残る猪口の数は有る一定は減少はしております。

 

現代の器に気軽に添えてお楽しみ下さい。

 

そして後世へ引き継がれてみてはいかがでしょうか?

 

 


 

バレンタインあれこれ

  • 2020.02.07 Friday
  • 17:02

IMG_3119.jpg
古伊万里蛸唐草紋様に研師田村さん差入れオレンジ・庭師鈴木城太郎さん差入れ洋菓子・店主好物品オレンジスティックと珈琲。

IMG_3115.jpg
時代を1700年代で組み合わせました。
全体的にまとまりが出るので、時代毎に蒐集されるのもお薦めです。

寒い季節にはゴールドのカトラリーを添えると温かみがあります。

IMG_3108.jpg
先日入荷品より
伊万里赤絵小皿に添えました。


嬉しい6枚揃♪
西洋の文化が日本国内に浸透しつつあった時代の物には6枚揃も存在します。

IMG_3106.jpg
色・柄は勿論の作。
注目は直角に立ち上がったフチの造り。
汁物対応可能の小皿は珍しく久しぶりの入荷です。


こちらは作られた当時は刺身皿(江戸時代)
角長皿は4枚セット
お猪口は単品販売

 

色々揃ったところで、今年のバレンタイン企画画像とさせて頂きます♪

お早目にご検討下さい♪

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM