RSS | ATOM | SEARCH
相続でお困りの方/行政書士事務所の御案内



画像クリックで「行政書士 寺内恭子事務所」ホームページが開きます。


近年増え続けている相続問題。
又、遺言や離婚についての御相談。

当店の業務は古美術品の売買ですが、お客様とお話をしていく上で御家族の悩みを打ち明けられる事が多々あります。

私は生憎、古美術商ですので相続問題に関しては、動産物である財産価値のある古美術、骨董品の売買でしか携わる事が出来ません。
皆様の御相談内容によっては、寺内先生を御紹介させて頂いております。

このたび、初めてホームページ内で御案内させて頂く運びとなりました。

業務内容や相談の流れ、料金設定も明確に御案内されている信頼出来る先生です。

先生の印象は、皆様が実際にお会いされましたら凛とした佇まいに安心されると思います。

実際に当店の常連様もお世話になっております。

問題解決後には、皆様から、いつも「善い先生を紹介してもらったよ!ありがとう」と、わざわざ御来店頂いております。

当店の紹介と申しましても、紹介料や手数料は一切受け取りませんので、料金に関しましては「行政書士 寺内恭子事務所」のホームページに記載されている設定価格に基づき進行して下さい。


永らく店頭で「ここは人生相談室か?」と御指摘され続けて参りましたが、その御相談内容も様々であり、古美術商が解決出来る範疇を越す内容も増加して参りました。

そこで、このたび寺内先生に許可を頂きましたので、皆様に正式に御紹介させて頂きます。

「古美術商の店主に相談する内容じゃ〜ないよな?」と、頭を切り替えて頂き、正式に問題解決を行うには御自身が如何に行動に移せば良いのか。

今一度、お考え頂き、現実と向き合う為にも御自身で行動に出て頂けましたら幸いです。

店頭では同じ相談を長年に渡り繰り返し店主に話をされる方もおります。

問題解決を真剣にお考えであれば御自身が取るべき必要な行動は何かが見えて参りますので、その手助けをされるのは、古美術商ではなく、法律家だと云う事をお伝えさせて頂き、皆様の安堵される表情を店頭でお待ち致しております。

是非一度、抱えているお悩みは、御相談に訪れてみて下さい。

尚、事務所の御電話も混雑時や業務時間外は留守番電話に切り替わります。
お客様の電話番号表示の上、留守番電話にメッセージを残される事をお薦め致します。



2017年11月27日追記

古美術、骨董品の相続、贈与に関して

古美術、骨董品の査定額は社会情勢や御依頼された時期により変動致します。

お手元の古美術、骨董品を贈与、又は相続される場合、当店で査定を行い、その後、法律家から書面発行可能です。

予め御注意願いたい内容は、上記にも記載致しました査定額の変動により贈与税も異なる場合がございます。

*国税庁「贈与税の計算と税率」

 

*国税庁「相続税の計算と税額控除」


鑑定、査定を御依頼される場合は当店では買取時のみ行わせて頂いておりますが、相続や贈与を御希望の場合もお声掛けされることが増えております。

そこで、当店で査定を行う場合は買取額をお伝えさせて頂いておりますことから、鑑定書の発行は別の場所でお客様自ら行われることをお薦めさせて頂くことに変わりはございません。

しかし、鑑定書の発行までは求められておられない場合は、当店で査定(買取額)をした上で法律家へ内容報告を行い、相続、贈与の書面発行までは可能とします。

この場合は売買時に発生する税金を基準にします

贈与の場合、対象物が200万円以上の場合のみ承ります(内容により300万円以上)

相続の場合、対象物が1000万円以上

銃刀剣の相続、贈与の場合は名義変更も含め、業務内で行わせて頂きます。

それ以外の場合は相続、贈与に適さないものと判断し、査定料金のみ当店へお支払い願います。

御不明点がございましたら、当店のホームページ『古美術希』の記事を御拝読頂き、御依頼内容をお客様の御家庭内で話し合った上でお声掛け願います。

尚、既に他の法律家へ御依頼されておられる案件には携わることはできません。

予め、御了承願います。




 

author:古美術 希, category:日本現代美術工芸 善 ZEN/お知らせ, 16:24
-, -