陶片箸置き 金継ぎ KINTSUGI Chopstick rest

  • 2020.02.24 Monday
  • 17:57

kintsugi.png

金継 純日本製生漆に金箔

KINTSUGI JAPAN

今や世界中から注目を集める金継ぎ「KINTSUGI」

 

Click the image to open the product page

 

kintsugi.nozomi.png

当店は古美術商の為、どうしても仕入れ時に割れている器と直面します。

長年、それらを保存した結果、大量の陶片が集まりました。


kintsugi.nozomi01.png

金継ぎの技術を惜しみなく用いた世界に1つしかない偶然にできた欠けらを食卓で使用して下さい。

 

IMG_3397.jpg
箸置きとして
IMG_3398.jpg
このような感じです
IMG_3399.jpg
裏返しますとカーブに剃ってスプーン・フォークも添えられます。
IMG_3400.jpg
以下続きます
IMG_3401.jpg
画像クリックで商品ページが開きます
IMG_3402.jpg
内側に紋様のあるものも素敵です
IMG_3403.jpg
何気ない日常に
IMG_3404.jpg
日本の技と伝統
IMG_3405.jpg
西洋文化にも応用可能としました
IMG_3406.jpg
金のカトラリーと相性良し♪
IMG_3407.jpg
染付と赤絵のコラボ
IMG_3408.jpg
惜しげなく金彩を施しました!

お手元の器の欠けらで箸置きを作って欲しい!とおっしゃる場合は「お問い合わせ」よりご相談ください。
特別発注枠で承ります(料金は特別発注の方が割高設定と致します)
IMG_3421.jpg

End of the Edo period: Imari Somethue chopstick rest

Kinjitsu pure Japanese lacquer and gold leaf

KINTSUGI JAPAN

IMG_3422.jpg

Kintsugi is now attracting attention from all over the world

Our shop is an antique dealer, so we always face a broken container at the time of purchase.

As a result of preserving them for a long time, a large amount of pottery chips were collected.

 

IMG_3425.jpg

Please use only one accidental chip on the table, which is the only one in a world that uses generous techniques.

If you use it as a chopstick rest, turn it over and shave it on a curve and attach a spoon and fork.

If you want to make a chopstick rest from broken chinaware, Contact us Available from a>

IMG_3426.jpg

 

We accept in special order frame (charge will be set higher for special order

陶片箸置きは出来上がり次第アップして参ります!

お気に入りの箸置きを見つけてください♪


*余談

 

前々から陶片を箸置きとしてご使用になられる方々もおられます。

しかし、割れたばかりの陶片は怪我をする場合がございます。

そこで、縁取りをコーティングするには古来より伝わる生漆による金継ぎの技法が適しており、ようやく業務の間に長年、溜め込んでいた陶片を箸置きとして商品化しました。こちらは全て今後の修復の材料費に当てて参りたいと思います。

古から伝わる器の殆どが歴史的価値を含んでおります。

金継ぎに適さない割れ方をした器の場合は箸置きとしてご使用になられる事も今後はお考え頂けましたら嬉しい限りです。

割れてしまったから捨てるのは簡単ですが、器には紋様や時代毎に用いられた産地の「土」が使用されておりますので、その部分を如何にお考え頂くか?によって今回の商品にご理解を頂けますようお願い致します。

 

* Digression

Some people have been using ceramic pieces as chopstick rests for some time.

However, broken ceramic pieces may cause injury.

Therefore, the technique of gold lacquer lacquer from ancient times is suitable for coating the edging, and the pottery pieces that had been stored for many years during the work were finally commercialized as chopstick rests. All of this will be spent on material costs for future restoration.

Most of the ancient vessels have historical value.

In the case of a broken container that is not suitable for splicing, it will be nice to use it as a chopstick rest in the future.

It is easy to discard it because it has been broken, but the bowl is made of the pattern and the “soil” of the production area used for each era. How do you think about that part? Thank you for your understanding of this product.

 

(英語表記間違えていたらごめんなさい/I'm sorry if you make a mistake in English

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM