RSS | ATOM | SEARCH
夏に向けて染付

FullSizeRender.jpg
夏場は爽やかに染付で揃えると涼しさを演出できます。
*レースは手作り品=ご要望がございましたら御発注承ります。

FullSizeRender-1.jpg
様々な紋様と組み合わせても藍色が統一感をもたらしてくれます。


こちらの微塵花唐草は古美術、骨董商を巡ると必ず一度はお目にかかる程の定番の絵柄。
細い曲線で描かれているので実はレースとの相性が非常に良く、爽やかな西洋の印象に様変わりします。

この時季でしたら、無色透明の硝子を添えますと輝きがプラスされて清涼感がアップします。

 

硝子に添える紋様を引き立たせる為にも、この場合は無色透明がオススメ♪

 

最近は緑茶をワイングラスで嗜む店も増えました。

ワイングラスの下にコースター代わりとして江戸時代頃の小皿を添えると味わいと時代の重みが味わえます。

 

この場合、普通のグラスでしたら冷えたお飲物の水滴を小皿で受け止めます。

 

緑茶の色を引き立たせる色味は様々ございますが、本日は夏を意識して染付で御案内致しました。

 

視覚から涼を味わって下さい。

author:古美術 希, category:食と器, 16:56
-, -