RSS | ATOM | SEARCH
お待たせしました 大正時代の湯呑&檜玉セット

FullSizeRender-2.jpg
「セット商品にして販売して欲しい」とのお声掛けから・・・遅くなりました。

大正時代の湯呑1客&檜玉5個セット←クリックで商品ページが開きます(現代和雑貨希のぞむ)

爽やかな新緑の季節に因んで葉っぱ添え♪(葉っぱは造花です)

檜玉はネットに入れてお届けします!

FullSizeRender-1.jpg
このままインテリアとして飾って頂いても構いません♪

実は、こちらの組み合わせ「贈り物」として人気がございます。

01.png
まず、大正時代の湯呑について

そもそも日本国内で明治維新前後まで庶民の生活に湯呑が存在していたか?を御想像下さい。

陶磁器を使えた身分は限られており、緑茶を楽しむのも限られた方々だったと想像出来ます。

それでは、どのような物を使用していたかと申しますと、食後に無垢の椀に白湯を注ぐ程度だったと想像できるのは、これまで『湯呑』として入荷した物は殆ど無く、今回、珍しく桐箱にもシッカリと『湯呑』と明記した物が入荷致しました。

大変、珍しく、蕎麦猪口や猪口の大きめなもの、向付とは異なり、用途は湯呑みとして作られた事が手に取るとわかります。

麺汁を入れるには口が小さく、向付と考えた場合、器の高さ(深さ)があるので料理を盛る器ではない事がわかります。

そこに浮世絵の名残でしょうか。波の動きを瞬時に捉えた描き方で大海原の波紋様が器をぐるっと囲むように描かれております。

空に鳥でも描いてしまいそうな程の余白を残している所に絵師のセンスを感じます。

この場合、空に鳥や波に船を描く事により、大体のストーリーが決められてしまいますが、敢えて余白として残す事により注ぎ入れる物の色彩をより際立たせる配慮が粋な器。

でしゃばるのでは無く、自然のままに描き、使う人を想い創る、作り手として最も必要な配慮がここにあると感じます。

では、価格ですが、こちら全て一律¥5,400.-(税込)としましたのは、時代が大正時代である事がポイントとなります。

古美術・骨董品は100年以上前に作られた物を称します。

こちらは既に100年を迎えておりますが、古美術の中では、まだまだ若いね〜と言われるギリギリの時代のもの。

江戸・明治期の物とは時代を少し区分けして当店ではご案内しているのが、この大正時代の器です。

大正ロマンという代名詞が生まれたように、この時代を期に様々な紋様が数多く生み出されたのも間違いはなく、とても必要だった時代と歴史を振り返るとわかります。


FullSizeRender-4.jpg
今回は、そこに檜玉を5個添えて御案内致します。

殆ど、檜玉の価格は含まれておりませんが、長年、ご贔屓頂いておりますので、このような現代物は敢えてサービスで添えております。

檜玉は、湯船に浮かべて一日の疲れを取る時にご使用頂くのが有名ですが、抗菌・脱臭・虫除け効果がございますので、タンスやクローゼット、靴箱等に添えて頂くことも可能です。

香りが弱くなった場合はヤスリをかけますと檜の香りが蘇ります。

当店のお客様の間ではカバンに忍ばせる方もおります。

又、コロコロと手のひらで転がしながら「刺激がね」と渋い声の御年配の方も多く^^;有難い限りです。
ボケ防止と最近話題の加齢臭対策とのこと。

皆さま、それぞれ使い方はご自由に楽しまれております。

FullSizeRender.jpg
店頭では大正時代以外の江戸・明治時代の蕎麦猪口セットも御用意致しております。

全て税込¥5,400.-としました。

数に限りがございます。

古美術品とのコラボ商品の為、再入荷はございません。

予め御了承の程、宜しくお願い致します。

*ホームページでは大正時代のみ御案内中です。在庫管理が間に合わない場合がございますので、大正期のみとさせて頂きました。


台風一過の明日以降、お立ち寄り下さいませ♪

author:古美術 希, category:現代物/入荷のお知らせ, 16:29
-, -