RSS | ATOM | SEARCH
漢詩 赤壁賦(後編)後赤壁賦 貴方とあの方用に「盃洗」

FullSizeRender-5.jpg
店頭に陳列している商品の中から解りやすい漢詩の器を御紹介致します。

用途は「盃洗」=盃をゆすぐ為に水を入れる道具
一対(いっつい)=2客で一つの組みである事

古美術品は漢字だらけで嫌になる・・・と仰る方も多く、そんな私も漢文はどうも苦手・・・。
更にコラムにアップするには文字化けする事間違い無しの見慣れない漢字が並ぶ事になり、常に漢文が記載された器のアップからは避けているのが正直なところです(過去に文字化けして読めない事が多発したので掛け軸等も出来る限り店頭で御覧頂いております)


FullSizeRender-2.jpg
さて、画像のように器には風景画と漢詩が描かれております。

共に赤壁賦(せきへきのふ)後編となります。

何故わかるかと申しますと、出だしに『後』と有り、又、漢文中に十月を表していることから物語の後半である事が解ります。

FullSizeRender-3.jpg
漢文全て書いてみましょうか・・・文字化けしないように難しい漢字は以下○表記とします。

後赤壁賦

是○十月之望
○自雪堂○
○千○○
二客後予過?

黄泥之坂霜露
○降木葉○
○人影○地仰晃
明月顧而楽之行

歌相答 ○子○
金祥写

FullSizeRender-1.jpg
結局、○だらけになってしまいました^^;

変換して文字化けしたら台無しなので御了承願います。

こちらは中国、宋の時代の蘇軾(政治家 詩人・1037年1月8日生〜1101年没)の代表作の韻文。
(日本で言いますと平安時代/永保1081-応徳1084/頃に作られた韻文)

黄州の長江に船を浮かべて赤壁(現在の湖北省荊州市洪湖市)で遊んだ漢代以来の韻文の一種・・・要するに西暦208年の赤壁の戦いの舞台となった場所で1082年に船を浮かべて遊ぶ風景から想像をスタートして下さい。

この赤壁賦には前編と後編が有り、前編は旧暦7月16日夜遊の中での人間の存在と江山風月の美しさを表しており、この前編のみを赤壁賦とする場合も有りますが、今回は後編の旧暦10月の十五夜の遊びを題材に天地の間に存在する人間の個とする存在を深く掘り下げて読んでいるもので蘇軾の代表作として伝わってきたものです。

*もし解りにくいようでしたら「赤壁賦」で調べてみて下さい。

赤壁賦の最後の場面で船の上で飲み交わす中で、自分が所有できるものは少なくても、自分の所有出ないものは取ることは出来ない。しかし、長江の風と山の間に浮かぶ名月だけは、耳で風を捉えてると素晴らしい音だと感じられる上に目で出逢えば素晴らしい色だと感じられるのですよ〜。。。と交わす言葉に風と名月を取ることは禁じられていないとし、これらは万物を創造する髪の尽きる事のない蓄えだとし、私と貴方と共に適うものです・・・ね〜。と、酒を酌み交わしながら話している訳です。

十五夜に川に船を浮かべて風の音を聴き名月を愛でながら・・・

と、その場面を描いた盃洗の一対。

まだ、ここから最後に「粋だねー・・・」と感心する情報を加えますよ。

この会話をしているのが貴方としましょう。
そして、話し相手となっている方が目の前にいます。

上記に書いた会話を交わす中で『私と貴方と共に適うものです』と言うと、相手は嬉しそうに喜んで笑い、手にしている盃を洗い、更に酒を酌むのですね。

その場面に出てくる盃洗が今回御紹介している盃洗であるはずはないのですが、正にストーリーを理解していなければ一対でこのように安定した形状の盃洗を2つ作ることは出来ません。

最後は舟の上で酒の肴もなくなって盃や皿が散乱している状態でお互いに寄り添い眠り朝日が登ってきている事も気がつかずにいる情景で終わるのですね。

その一場面を正しくも上手く捉えて作られたと思われる盃洗。

FullSizeRender-4.jpg
解りにくいようでしたら調べてみて下さい。

内容を理解して再び作風を眺めると、月夜に照らされる人間の会話が、どの瞬間を描いているのか。
見込に描かれた風景が日常的である象徴のようにさりげなく、一色の呉須で描かれた世界には風さえも感じられる作風となっております。

非常にどっしりと胴を据えた作りは舟の上でも安定して使用可能である事を、その姿・形から伝えており、これに気づいて所有されるか、なんとなく雰囲気で所有するか・・・では、意味合いが異なってくる事を添えて・・・。

あまり難しい事を記載する気はございませんが、器の中にも物語があり、又、それに気が付き受け継がれていくのが本来の在り方かと思います。

綺麗、可愛い、美しい!プラスアルファー・・・「あ、そ〜なんだ」と気付きがありますと、益々、愛着がわくのが古美術品です。

長くなりました。

そう云う理由からも、揃い組のものはバラさずに、そのままの状態で受け継がれていくべきかと思います。

こちら、ホームページにアップ致しました。

■商品名:伊万里染付後赤壁賊後編盃洗一対←クリックで商品ページが開きます(古美術希)

御検討頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。
 

author:古美術 希, category:古美術品/入荷のお知らせ, 16:49
-, -