蓋物碗で梅干し&蜂蜜

  • 2017.03.17 Friday
  • 16:58

写真 1.JPG
風邪気味の方が多いので梅干し&蜂蜜+白湯。
予防にもなります。
器は湯のみでも勿論良いです。
蓋物碗の蓋を小皿として
写真 2.JPG
梅干したっぷり添えておきます。
(画像見た瞬間、にーっ!ショックんー!ってなったらごめんなさい)
本日は曽我の梅干しです。
写真 3.JPG
梅干しを入れたら蜂蜜を入れます。
蜂蜜は喉にも良いので風邪気味の場合はたっぷり入れましょう。
写真 4.JPG
そこに白湯を入れます。
白湯を入れてから梅干し&蜂蜜でも、どちらでも結果(味)は同じですので、入れる順番はお好きにどうぞ。
*梅干しは潰します。
できれば、ここにレモンをプラスすると完璧です。
レモンはビタミンC摂取目的で入れますが、味もレモンが入ると美味しいです。
個人的には昆布入りもオススメです。
写真 5.JPG
風邪気味のお客様が多かったので、改めて梅干し&蜂蜜をご案内しました。

*伊万里染付蓋物碗11客揃/幕末期(店頭で御確認下さい)

(一つ前のコラムの「お客様の声」と呉須の違いをご覧ください。こちらは1800年代。お客様の声掲載は1600年代です)

本日は、ただそれだけの記事です。

蓋物は保温効果もありますので、風邪を引いたら枕元に蓋物碗に上記のものを入れて寝込む事をオススメします。
埃や塵からも防げます。
マグカップでもなんでも構わないのですが、古美術商のコラムの為、蓋物碗でご案内しております。

寒かったり、暖かくなったりと体調管理が大変な時季ですが、皆様、ご自愛の程。
ちなみに店主はピンピンしております。
バカは風邪ひかないと云う言葉が身に染みます。

(にーーーっ!にゅーーっ!すっぱ〜)
皆様からの梅干し目視直後の擬音お聞かせ下さい。。。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM