RSS | ATOM | SEARCH
今年度の研ぎは締め切りました
今年度の研ぎの御依頼は締め切らせて頂きます。

今から御依頼される方は仕上がり&納品が年明けとなります。

その旨御了承頂ける案件のみ受付させて頂きます。
 
author:古美術 希, category:研師/田村慧さん, 13:14
-, -
研ぎ受講料金設定+研ぎ代について
研ぎ教室受講料金の設定に関してお知らせです。

研ぎを教わりたい方へ←こちらをクリックして下さい。

1年間受講(月に1度)とさせて頂き、1年間で研ぎの全ての行程を一通り行います。

トータルでいくらかかるかお問い合わせが多かったので、この度、価格設定を設けました。

平成28年9月16日までにお申し込みの方は過去の価格設定のまま受講して頂きます。

本日より、現金一括でのお支払いとさせて頂き、お支払い頂いた日より1年間が受講内容期間となります。

道具一式揃えるにあたり、進行具合により砥石等と御購入頂こうと考えておりましたが、全ての行程でいくらになるかを御心配される方の為に、わかりやすく内容を表示しました。

必要最低限のお道具としてお考え下さい。


--------------------------------------------------


続きまして、研ぎ代金に関してお知らせです。

今月を持ちまして現在の料金設定から値上げをさせて頂きます。

来月より研ぎ代金を1寸¥7,000.-(税抜)設定にさせて頂きます。

理由として道具代の高騰と冷やかしによる問い合わせが多い為、価格設定を引き上げます。

研ぎの内容、技術は今まで通り変わりなく仕上げさせて頂きます。

研ぎの領収書は発行しております。

引き続き、宜しくお願い申し上げます。


-------------------------------------------------

2016年9月18日 追記

研ぎ教室、研ぎ代金、共に研師の意向も含め改善させて頂きました。

度重なる記事内容の修正に御迷惑をおかけ致しました。

今後とも、宜しくお願い申し上げます。
 
author:古美術 希, category:研師/田村慧さん, 17:46
-, -
研ぎ指導料金の変更
研ぎ指導料金の変更

平成28年9月11日より1回の指導料金を変更させて頂きました。

平成28年9月10日までにお申し込みの方は、今まで通りの指導料金で行います。

詳しくは『古美術 希 ホームページ=美術刀剣/研ぎを教わりたい方へ』を御拝読願います。

変更内容がある場合は随時更新させて頂きます。

引き続き、ご応募お待ち申し上げます。

尚、領収書は古美術希より1回ずつ発行致します。
2016年9月18日更新:受講料は現金一括でお支払い頂きます。お支払い時に領収書発行致します。*初日に限り現金¥10,800.-(税込)別途でかかります。この時に研ぎを始めるか研師の説明を受けた上で御判断下さい。

以下、良く有る御質問

*面会当日はスーツで行った方が宜しいでしょうか?=企業の面接等とは異なりますので通常通りの私服で構いません。

*途中で辞めたくなった場合は?=1回ずつの指導料をお支払い頂いておりますので辞めたい時にご辞退可能です。
2016年9月18日更新:途中でご辞退される場合、始めにお支払い頂く道具代+受講料の払い戻しは出来ません。道具に関しましては、お客様の所有物となりますので返却は受付られません。

*道具を全部揃えるとおいくらぐらいかかりますか?=一応、当店の方よりお薦めさせて頂く砥石等の道具はございますが、お客様の方で御契約されている職人がおられる場合はそちらを御使用頂いております。又、一番始めから全て道具を揃えるような事はお薦めしておりません。進行具合により、お客様の方で必要だと思われる道具を、その都度、御購入頂いております。こちらは、お客様の方で各道具屋へ出向き(取り寄せるなり)して頂いておりますので、当店の方では道具を販売しておりません。
2016年9月18日更新:研ぎを始めるに辺り、必要最低限の道具は料金表に詳細含め表示されております。お客様の方で必要の無いと御判断頂いた道具に関しましては料金表の価格より、その道具代金は差し引きます。当店は御用意するものは1年間の受講に必要な道具一式とお考え下さい。砥石の種類はセット内容のものの他、多数ございます。当店の御準備させて頂くセットにプラスで別の砥石の御購入も可能です。その都度、御相談承ります。

*どのような書斎を読んでおいた方が宜しいでしょうか?=当日、お薦めとする書斎を御案内しますので、お客様の方でお探し頂いております。まずは、お越し頂いてから御相談下さい。

*地方在住です。可能でしょうか?=生憎、泊まり込み(住み込み)による弟子入りとは異なりますので、北鎌倉まで通えるかは、お客様の方で御判断下さい。

*簡単な仕上げ作業だけ教えて欲しいのですが=可能です。まずは、御来店予約をお取り下さい。

*年齢制限はありますか?=研ぎを一通り学ぶのに、20年は要するとお考え下さい。今の御年齢から+20歳となった時の事を御想像出来るようでしたら、是非、お越し下さい。

この他にも多数、お問い合わせを頂きます。

御要望内容と当店、研師との間で話合い改善し進行させて頂きます。

以後、宜しくお願い申し上げます。


追記:無鑑査や人間国宝を目指したいと仰る方は、こちらでは受付出来ません。別の窓口となります。御相談はお聞きします。
author:古美術 希, category:研師/田村慧さん, 17:06
-, -
美術刀剣/研ぎを教わりたい方へ
nozomu-togi-koramu.gif
画像クリックで詳細ページが開きます。
内容は古美術希(のぞみ)ホームページ内で御案内致しております。


御自身で刀剣を研ぎたい方。
研ぎに興味が有り、真剣に学びたい方。
現在は全く異なる仕事をしているが、定年退職後に研師として美術刀剣の研ぎの依頼を受けられるぐらいの腕になりたい方。

是非、御拝読下さい。

研師直々に学べます。

窓口は、古美術希が承ります。

画像をクリックして頂き、内容を御拝読頂き、更に御興味がございましたら、メールにて御来店日時の御予約をお取り下さい。

当日は研師から細かな説明があります。

初日に限り当店の方で面会して頂きます。

まずは、画像をクリックして内容を御確認下さい。

古美術 希 ホームページはこちらをクリックして下さい。
 
author:古美術 希, category:研師/田村慧さん, 17:34
-, -
刀剣の研ぎ代金

刀剣の研ぎに関しまして、たくさんのお問い合わせ電話を頂いております。
電話の窓口である店主と喧嘩状態になる方もおられますので、この度、研ぎ代金の価格設定を設けました。

今までは1寸いくら?という規定を定めておらず、当店としては化粧研ぎ程度の場合はお安く(数千円〜1〜2万)させて頂いておりました。
しかしながら、それを「嘘だ!」と不信に捉えられる方もおりましたので、皆様の御不安を解消するべく、この度、価格設定をさせて頂き、心機一転、研ぎを承る事に致しました。

御電話で研ぎ代金のお問い合わせが多い中で、刀の状態を拝見してからではないと解らないとの言葉に随分とやり取りが長引き、御迷惑をおかけ致しました(かけられました)

刀が一番良い状態になるように、店主の判断と意見をお伝え致しております。
この場合は実際に刀身が、どのような状態なのかを拝見しない限りは断言出来ない問いである事を御理解頂けましたら幸いです。

人により錆びを感じる程度が異なり、御電話の段階では「刃が錆びている」の一言で、全体的なのか、部分的なのかをお聞きしても、更にその錆びの具合が、どこまで内側に入り込んでいるのか?も解らないので、ここは一つ、御足労願います!で進行して参りました。

刀剣の研ぎで研師の御名前を公開している店は少ないので、非常に色々な御意見を承りますが、非公開の場合が良い方は、他店へお出向きになって下さい(当店から他店をお薦め出来る場合もございますが、出来るだけお客様の方でお探しになって下さい。最終的には相性です!)

業界の色々をご教授頂いているおつもりの方もおられますが、当店の業務進行には関係のない御電話は御控え願います。

美術業界を閉鎖されたものと捉えられる方が多い中で、出来る限り、お客様の御不明点を晴らし、お客様のお気持ちは勿論ではございますが、刀剣をはじめ、美術品にとっての一番最適な判断を当店と専門家の間で話合い進行させて頂いております。


勿論、引き続き「これは〜全体を研がなくてもなんとかなりますかね?」との御依頼にも、研がなくて良い場合は、その旨をお伝え致します。

「御任せします!」の一言をいただいた場合にも研師と店主の間で「これでいいかな?」との会話はされておりますので、もう、そこは信用して頂けるかどうか?です。

どこかにも書きましたが、当店とお取り引きのある方は「どうだ!みたか!」等と云うタイプの方はおりません。

常に「これで良いのか?」と問いながらプロとして業務進行される方ばかりですので、研ぎや修理品も同じく、御納得がいかない場合はやりなおしも承ります。

所有者により表情が変わる古美術品に関しましては、その時代毎に手入れをされた方がいての現存です。

今、出来る限りの事はさせて頂きますので、御不明点を抱えながらで構いません。

御電話では無く、御来店頂き御相談願います。


2016年9月18日記事内容更新/研ぎ料金設定を同年10月1日より研師の意向により改めさせて頂きます。
author:古美術 希, category:研師/田村慧さん, 13:57
-, -
刀剣 研ぎ師
2016年5月/こちらの記事は内容を訂正後に更新致しております。

2016年9月18日/研師の意向により更に内容更新致しております。



当店への問合せで最も多いのが「刀剣の研ぎ」でございます。
あらゆるサイトを御覧になられて行き着いた先が研師、田村慧氏の記事との内容を伺います。
皆様が一番気になさる研ぎ代金ですが、こちらは1寸いくら…と云う価格設定を用いておりません。
(他店の場合は1寸¥ 価格設定がございます)

*1寸¥=,===.-と定めさせて頂きます(2016年5月更新)

「太刀なんだけどいくら?」
「短刀で江戸期の物だと思うんだけどいくらでやってくれるの?」
このような内容が殆どでございます。

予め、登録証と研ぎに出す刀剣を当店の方へ持ち込み頂いてから店主の私が判断しお客様の御要望をお聞きした上で研師へ依頼しております。

中には研がなくても良い状態のものも多く、その場合は化粧研ぎのみ行い、研ぎ代金は研師の御厚意でお気持ち程度になる場合もございます。

基本的に当店では錆びが全体に渡り素人が見ても不安になるような状態の刀剣でも承っております。
出来る限りの事はさせて頂いておりますので、この場合も御要望等がございましたらお伝え下さい。

又、白鞘や拵の状態により新たに作り直す事をお薦めさせて頂く場合もございます。
この場合は研ぎ代金とは別途で料金が追加となりますが御判断はお客様の方に委ねさせて頂いております。

お客様の御要望に沿って行っておりますので、まずは店頭へお持ち込みになられてから御相談承ります。

電話口で「刃こぼれがある」「錆びがある」と伺いましても状態を拝見しない限り、なんともお答え出来ません。

余りにも傲慢な内容を告げられた場合は電話の問合せの段階で研ぎをお断りする場合も当店では多々ございます。

御遠方の方も、なるべく刀剣と登録証を御持参の上、御相談頂けましたら幸いです。

店主の私が拝見させて頂いた段階でおおよその研ぎ代金を申し伝えます。
研ぎの仕上がりはお客様の御希望の御連絡方法にてお伝え致しておりますので、仕上がり具合を御覧頂いてから正式な料金を納品日当日にお支払い頂いております。

領収書御希望の方は申し伝えて下さい。

店頭までお引取にいらして頂いているのが殆どですので、この場合、クレジットカードでのお支払いも承ります。
*現金のお支払いに限らせて頂きます(2016年5月更新)

ほとんどの方が初めて研ぎに出されるので御不安な旨をお話されます。

刀が一番良い状態になるように務めさせて頂いておりますので、わからない事等がございましたら店頭に持ち込まれた時にお声掛け下さい。

大変申し訳ございませんが、御電話での研ぎの問合せには限界がございます。

まずは刀剣を拝見させて頂いてからお応えさせて頂きますので御足労いただきますが宜しくお願い申し上げます。

*価格設定を設けていない理由については上記でも触れましたが、刀の状況により研ぎの行程が異なります。最適な手入れをさせて頂きますので御相談下さい。
*刀の状態により価格の上下はございますが、基本的に1寸¥=,000.-と定めさせて頂きます(2016年5月更新)

*研ぎの順番は受け付けた方から順番に行いますので、納期まで区々となります(最短でも1〜2ヶ月程)

*彫り物がある場合は別途料金頂戴致します。



その他、色々ございますが…臨機応変に対応させて頂いておりますので、店主の説明段階で研ぎに出されるか御判断下さい。傲慢、無茶な内容の場合は店主の方からお断りさせて頂く場合もございます。御了承願います。

*2016年9月18日記事内容訂正&更新

研ぎに関して、詳しくは『古美術 希 のぞみ』ホームページ内にございます『修復について』を御拝読願います。そちらが最新内容となります。
 
author:古美術 希, category:研師/田村慧さん, 15:53
-, -
御研師の御紹介
←クリックして下さい。

古美術希のホームページ内で研師の御紹介をしております。
上の画像クリックで紹介ページが開きます!

御確認願います。
author:, category:研師/田村慧さん, 13:27
-, -
真書太閤記(未解読)
昨夜から研師の田村さんと少々お話がありましたので御電話しておりましたら
「うちに古い紙があるんだけど、絵が描いてあるものもあるから見てみて」
と、早速、今朝、御来店下さり持参して下さいました。
「紙だけ欲しいから、のぞみさんで欲しいものがあったら避けておいて」
と、ドッサリと古書を入れた紙袋を置いて行かれました。
さてさて…。
色々入っております。
研ぎに使用する古紙にするには勿体ないものもございましたので直筆の古書をめくりながら、これは面白い!?かも…と抜粋してみます。

表紙に「真書太閤記」とございます。
豊臣秀吉のお話です。
江戸時代に風読物として広がり、書き写しては次の方へ…と回し読まれていたのでしょう。
日本では木版画を用いて浮世絵が浸透したのは有名ですね。
現代社会には当たり前のように存在する紙媒体なるものは古来は直筆で写すか木版画で刷られては読み物として広がりました。
こちらは、その江戸時代のものか?と聞かれますと、明治時代だと思います。
それは、申し訳ないですが、私の勘です。
それでも、全てのページに渡り直筆で物語が書き写されております。

真書太閤記二篇第□
始めのページ「目録」とございます。
そして、いきなり『信長』の文字が書かれております。
そして行をスライドして同じ高さに『秀吉』

…‥孫過庭?
既にギブ!書道辞典を持ち出しました…進まない。。。
え〜い!2ページ目を見てしまえ〜。
で、読めた文字を抜粋すると…私の性分でしょうか^^;

信長 重く 勢 〜仁義の戦を勧む事!

朝から…戦国時代モード突入です。

読める漢字が…戦 軍 仁義 敵 族 勢 用心 恐怖 忠功(ここで?松平忠功の事か?)春 岐阜 美濃 尾張 関 

うー。。。。

この書かれた方の『仁義』の文字の迫力が…インパクト有り過ぎます。
ようやくエンジンがかかってきたであろうページに差し掛かると…

「先代!ギブ!っす」←店主の叫び

も〜ウナギがニョロニョロ〜のページに。。。

で、切り替わるんですよ。

真書太閤記二篇 □□二十二
目録

ここから、またビシッとした書き方に変わりまして

関 勢 利害 …うなぎ〜にょろ〜にょろ〜

(あ、書くの飽きたな)
(もしくは力つきたな)
(ここのクダリは端折って欲しいんじゃないかい?)
(筆の勢い薄し!)

も〜筆跡鑑定に切り替わるわけでございます^^;

でも、ちょっと頑張って最初から解読してみようかと思っております。
そんな…昼下がり…(え!も〜昼じゃない)

今日は山積みにされた古書と、伊万里の破片にまみれております。

きっと風間さんならスラスラと読めるんでしょうね。
書家ってcalligrapherと言うらしいですよ。
昨夜、風間さんに御電話で聞きました。
カッコイイですね。

話が反れましたが、書道辞典がヨレヨレなので新しいものを購入して挑みます。

何かの御参考になれたらと思いますが…あまり期待せずにお待ち下さい。

その他のものは、だいたいですが何の下絵なのか…とか、なんの帳簿だったのか等は解りましたので、こちらは刀剣の研ぎに役立てて頂きます。

陶磁器を浮世絵の用紙で包んで輸出していた時代の方に伝えたい…。
「それ〜大事ですよ〜!」

今、我々が普通に新聞紙等で包む感覚だったのでしょう。
致し方のない事ではございますが…古書。
今一度、お手元の物を解読されてから捨てて下さい。
(襖の内側に古い新聞とか貼ってありますが…最近の方は御存知ではないでしょう…私はいったい何歳じゃ!)

桐箱に明治十四年とか明治九年とか書かれていると
「すご〜い!」
と皆様、驚かれますが、ど〜も…我が家には明治生まれが健在なので…^^;ピンッときていません。

うちの婆ちゃんも、こ〜いうのを読んで育ったんだな〜と思うと『戦』「仁義」等の漢字が…ですよね〜と感じております。



ふ〜。。。
読めたら褒めて下さい(自信無くなって参りました…)
author:, category:研師/田村慧さん, 13:15
-, -
研師さんの御活躍ぶり
先程、調度、研ぎの御依頼を受けて御研師の田村さんとお会いしましたら、こちらは6月21日、NHK放送の酔いどれ小藤次の第二回 剣豪の子 「刀研ぎ指導として字幕スーパーにチラッと出るよ」とのお知らせを受けました。

前のコラムにも記載しましたが、2日続けて『チラッと出るよ』のお知らせとなります。


田村さんも益々御活躍の御様子で…。
ちなみに第八回にも、チラッと出るらしいです。こちらは8月放送です。


テレビのお知らせを立て続けに記載させて頂きました。
http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/yoidore/index.html
author:, category:研師/田村慧さん, 16:16
-, -