RSS | ATOM | SEARCH
美人画 アップ完了

02.png
*画像クリックで商品案内ページが開きます。

作者不明ではございますが、日本画の御案内です。

一律税込¥20,000.-


3枚セットで描かれていると思われます。

こちら3枚の中で最も若くモデル対象人物が幼少期の頃を描いていると思われます。

表情も柔らかく希望に満ちております。

可愛らしいという表現が適した作です。

藤の髪飾りや背景から季節は春とします。


こちらは残念ながら画面にまでシミが広がっておりますが、幸い空白の部分のシミ。

女性が生涯の中で最も輝くとされる花嫁姿の美人画。

日本髪の結い方にも歴史が伺えます。美容業界の方でしたら時代背景が良くご理解頂けるかと思います。

白無垢には見事なまでに絞りが描かれており、着物業界の方がご覧になられても対象人物の着付けがいかに豪華であるかがお分かりになられるかと思います。

 

鼈甲の透ける質感も良く描かれております。

白の胡粉と称する画材にも様々な表現に向いた「白」が存在します。

顔の肌の白と着物の下地の白、そして絞りを表現した白と、様々な白を使い分けて描かれております。

目線を少し下に向けることにより女性は若さを象徴できるのは御存知でしょうか?

年配になればなる程、顎が上がるのがどの時代も共通した老。

顎が上がってしまっている女性は気をつけましょう(美を意識しない場合はご自由にどうぞ:ただの余談です)

人物画を拝見する場合は目線の高さや顎の角度などを鑑賞されると人物の年齢までも読み取れます。

こちらが女性の生涯で夏とします。

そして紅葉に色づくには、まだ少し早い黄色のもみじが描かれた美人画。

まさに対象人物の年頃を表しているのかと思われます。

少し落ち着きが出て、余裕のある大人の女性の時代とします。

着衣も着なれた雰囲気となり、所作も板についた頃でしょうか。

こちらも目線がやや下向きで美人画に欠かせない女性の曲線がラインと目線を繋ぐことにより描かれております。

実際、女性の方がたくましいとは思いますが・・・可憐な存在が理想の女性とするのはどの時代も同じでしょうかね。

女性のたくましさの中には様々なものがございますが、美人画に登場する女性もまた、生きるための知識と知恵を備えたたくましさを内に秘めており、ここは男性と女性では鑑賞する目線の入口が異なるのは仕方がないことではあります。

しかし、美術鑑賞の場合は性を超えた目線でご覧になられることをお勧めします。

男性・女性、そして年齢や生まれ育ちを帳消し、どの時代でも生身の生きる人間が良いとするものは歴史に残ります。

(当店では、それらを本物と称しております/本物=受け継がれるもの)

こちらの掛軸は作者不明です。

冬となる4点目がない所が個人的に気に入りました。

もしかしたら冬とされる4点目があったのかもしれませんが、敢えて、それが現存していない事が・・・味わい深く、想像を掻き立てます。

著名な画伯が描いた美人画とは異なる評価とはなりますが、実に対象人物を良く観察し、女性の内側まで表現したかったであろう苦戦が見え隠れしておりましたので取り扱いを決断致しました。

美術品としての価値は長期間で見込むものですが、こちらは正直、あまり投資作品としては見込めません。

美術品の価値のお話は店頭で致しておりますので省きます。

作者不明でも、凡そ100年、現存している事を評し、戦時中もどのような扱いをされたかは不明ですが、なかなか熱心なコレクターが所有されて受け継がれてきたと想像します。

美人画コレクターは正直申し上げて、多く、店主である私もコレクションしております。

今後の投資としてはお勧め致しません。

しかし、絵画を楽しむという意味合いでは、こちらの3点はなかなか面白いかと思います。

もし、この作者が目の前におりましたら、もう少し動きを足して欲しいと要求しますが、そこは無名画家の作。

その道の上達段階である筆使いを敢えて味わいと捉えられる方にお譲りしたく思います。


良く、こちらは値上がりますか?との買い方をされる方と遭遇しますが、美術品の投資には様々な付加価値が足し引きされるのが常であり、他力本願の投資というのが何事も一番危険を伴います。

 

ご自身でお手元の美術品を値上げする方法として、所有された方が本物を称される人物になられますと、〇〇所蔵と相成ります。

余裕のある方、どうぞ、商談にいらして下さい。


絵画作品は私が実際に画商勤務していた頃と比べて大きく値崩れしております。

そのような現実も実際起こりますので、もし、投資でお探しの場合は、それに伴うものを御案内致しますので、予めご希望をお伝え下さい。

日本国内での絵画の需要は海外に比べて未だに評価が低く、これは大きな課題として今後も苦戦される方が多いかと思います。

鑑賞する目を今一度お考え頂けましたら幸いです。


3枚全て御購入希望の場合は値引き交渉承ります。

 

追記:表具は現状で無価値です。表具を作り直すか額装されてお楽しみ下さい。その場合、現状の表具は制作段階のものとして作品と共に保管される事が望ましく、ほとんどの美術品に手を加える場合は元の付属品は共に保管されるようお願い申し上げます。美術品は所有された方のものではございますが、その後も後世に受け継がれていくものですので、ご自身の判断基準で破棄されるのはなるべく避けて頂けますようお願い申し上げます。

author:古美術 希, category:古美術品/入荷のお知らせ, 17:17
-, -
商品一部アップ完了しました
01.png
先日入荷した商品の一部をホームページにアップ致しました。

御遠方にお住いのお客様、是非、ご検討下さい。

*画像クリックで古美術希ホームページが開きます。
author:古美術 希, category:古美術品/入荷のお知らせ, 16:32
-, -
入荷のお知らせ/古美術品(同日店内画像追加)

FullSizeRender.jpg
おはようございます!
新年初の入荷のお知らせです!

茶道具をはじめ、日常使いの伊万里や九谷などの器に漆器、お盆、それから李朝壺、蒔絵葵紋時代掛などなど・・・。

是非、御覧下さい♪

 

(と、言うわけで・・・本日店内ゴチャゴチャです・・・順次陳列致します。御了承下さい)

12:30同日更新

陳列完了です!

FullSizeRender.jpg
午前中に御来店頂きましたお客様、バタバタしており失礼致しました。

FullSizeRender-1.jpg
作者不明ですが絹地日本画による美人画入荷です。
どれも1点2万円設定にさせて頂ました。
美人画コレクターは多いのでお早めにご検討下さい!

FullSizeRender-2.jpg
こちらにも鍋島や李朝、角小鉢10客など新たに入荷したものを陳列。

FullSizeRender-4.jpg
幕末〜明治期の華やかな九谷入荷です。
ひな祭りに向けていかがでしょうか?


FullSizeRender-5.jpg
蓋物揃組が多数入荷しております。
飲食店に限らず個人のご家庭でも使いやすいと当店では人気の商品です!

FullSizeRender-6.jpg
こちらにもお盆や漆器を陳列しました。

FullSizeRender-7.jpg
現代和雑貨も御用意ございます。

FullSizeRender-8.jpg
こちらも江戸中期のものから明治期まで。
なかなか渋い染付を最近見かけない・・・と仰る方、是非、御覧下さい。
初期伊万里は現在1枚皿でしたら御用意可能です。

FullSizeRender-9.jpg

まだまだ開けていない桐箱多数ございます。
お探し物がございましたら、お声がけ下さい。
もしかしたら桐箱の中にあるかもしれません。


それでは午後も御来店お待ち申し上げます。

author:古美術 希, category:古美術品/入荷のお知らせ, 10:02
-, -
まだ年内(国内限定)発送間に合います
FullSizeRender.jpg
古伊万里蛸唐草紋様くらわんか5枚(こちらクリックで古美術希のぞみホームページが開きます)


少しずつですが商品画像アップしました。

FullSizeRender-1.jpg
伊万里赤絵寿蓋物碗6客(こちらクリックで古美術希のぞみホームページが開きます)


年内国内発送まだ間に合います。

 
author:古美術 希, category:古美術品/入荷のお知らせ, 12:27
-, -
入荷のお知らせ/古美術品&現代和雑貨 共に今年最後の入荷のお知らせです!
お待たせ致しました!
今年最後の入荷のお知らせです!

詳細は御来店時にご覧下さい♪
 
author:古美術 希, category:古美術品/入荷のお知らせ, 10:22
-, -
入荷のお知らせ/古美術品(一部商品画像アップのお知らせ)
01.png
正月に向けて一部商品アップさせて頂きました。
画像クリックで古美術希ホームページが開きます。
鎧(あぶみ)は花生けとして小さな器を添えて御使用頂けます。
其の他にも七福神や邪気を払うとされている面や能舞台用の面などもお求め安い価格帯を中心にアップ致しました。
小面等はいつも入荷時点で完売しております。
いつも器ばかりの御案内となっておりましたが、仏像や時代物の発掘品等の御用意も多数ございます。
あまり人の目に触れていないものを好まれる方がおりますので、全ての商品はホームページに掲載は致しておりません。
お探しものがございましたら御来店時に店主へお声がけ下さい。
今回アップした壺は実際に花をいけると申すよりも床の間に添える飾り壺を中心にアップしております。
飾り壺とは当時の献上品に見られる繊細で時代毎に技法を巧みに用いた貴重なものが多く存在します。
現在、店頭に陳列仕切れない程、店頭に商品の御用意がございますので、御来店時にお声がけ頂けましたら幸いです。
 
author:古美術 希, category:古美術品/入荷のお知らせ, 11:34
-, -
古美術品に関して/ホームページに掲載しない理由

古美術品の商品アップが間に合っておりません。
高額品はネットにアップしないよう開業当初から決めておりますので、御来店時にお声がけください。
高額品のお取引に関しましては、なるべく対面で商談を行い、お客様御自身でお持ち帰りになられることをお薦め致します。
配送には注意をしておりますが、万が一、破損した場合は代替え品の御用意はできません。
できる限り、御来店頂けますよう宜しくお願い申し上げます。
古いものでは須恵器などから取扱がございます。
現在は須恵器は全て完売しておりますが、この他にも鎌倉時代のものから御用意ございますので、一度、実物を御覧になられてから御検討下さい。
ホームページにアップするには配送会社の保険適応金額までにさせて頂きたいと考えております。
それ以上の金額の場合は対面でお取引をお願い申し上げます。
尚、商品を配送後にお支払いの許可を求められる方がおられますが、予め、御入金後に御一報頂いております。
御入金の確認が取れましたら発送させて頂きます。
常識の範囲でお取引願います。

author:古美術 希, category:古美術品/入荷のお知らせ, 18:17
-, -
入荷のお知らせ/葛飾北斎復刻版

師走も後半となりました。
今年一年お世話になった方への贈り物をお選びに御来店される方も多くおられます。
折角、古美術商まで出向かれたのですから、珍しいものをお薦めさせて頂きたく、本日は店頭まで遠くて訪問が難しいと仰る方へ、数は少ないですがお手頃価格の贈り物に向いたものをアップさせて頂きました。
001.png
まずは誰もが知る葛飾北斎 富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」
富士山と波が印象的な作品は海外でも知名度が高い日本を代表する美術品ですね。
こちらの作品の初版は凡そ天保2年頃とされております。
その初版でしたら高額取引をする大変貴重な作品でしたが、本日、御紹介してる木版画は復刻版と申しまして、原本に忠実に再現された昭和のレプリカ作品です。
彫師と摺師の見事な技が所々に見られる作品は刷り上がり当初を思わせる綺麗なコバルトブルーの発色が印象的です。
富嶽三十六景に関しての情報は他でもたくさん記事がございますので、そちらを御覧下さい。
当店では木版画の作り方を少しご説明させて頂きます。
上記にもございますが、摺師、彫師とは、木版画を制作する上で欠かせない職業です。
原画となる下絵は、この場合は葛飾北斎が描きます。
そして、彫師により木の板を忠実に彫り起こす作業が1色につき、1枚彫られます。
例えば、5色で描かれたものを版画にする場合は版下と呼ばれる板が5枚用意されます。
その版下ごとに赤や青、黄色といった版下が出来上がり、それを1ミリのブレも無く重ね合わせて剃る作業を摺るのが摺師の仕事です。
おそらく日本の小学校では図工の時間に必ず皆さんも経験しているかと思いますが、小学校で行うのは1色摺りの黒だった方がほとんどかと思います。
小学校の場合は線を強調した黒1色による作品を仕上げますが、色が入る事により、黒は最後に摺られます。
デザイン科の方にはアウトラインを引くと申せばわかりやすいかと思います。

本来、この世に存在するものはアウトラインなる線は存在しません。
しかし日本は古来よりアウトラインを引く事により、より一層、絵の世界が立体的に表現する手法を用いて参りました。
店主の文章ですので、美術の評論家でしたら、また異なる言葉の表現をするかと思いますが、当店は専門職から一般の方まで伝わりやすい表現を心がけておりますので、以下、なにやらご不満点がございましたら、無視して下さい^^;

木版画による作品は当時、、、当時とは江戸時代ですね。
今で申しますと、新聞に挟まってくる折り込み広告のような感覚だったと思われます。
江戸時代には様々な事が流行り、それを多くの人に伝える手段として木版画が摺られておりました。
この木版画を今で申しますと、新聞紙のように扱い、海外に輸出する場合はこれらに包んで輸出して板と言うのは有名な話です。

平成の今もそうですが、目の前にあって当たり前のものに価値を見出すのは難しく、これはゆくゆくは価値が出るのだ!と思って新聞紙をやたらと集めていたら、、、迷惑な人ですよね。
当時も新聞紙感覚で船の揺れに耐えられるようにと陶磁器を紙で包んで輸出しておりました。

だーかーらー日本国内で現存数は少なく、状態の良いものもございません。
残念でしたね。
でも仕方のない事です。
日本人は今も昔も海外で高く評価されたものを逆輸入で受け入れて評価する人種であり島国気質です。
この話をすると、もしかして、今、手に取っているマグカップも凄い事になるのかな?と思われておりましたら、江戸時代以降の歴史を学ぶことをお薦めします。

明治、大正とざっくり表現しますが、その頃から日本は戦争に向かいます。
昭和の初めには第二次世界大戦があり、そこで大きな損失を受けた国でもありますが、終戦後、改めて日本人の根性物語大好き気質が高度成長期で開花します。
おそらく、この頃に摺られたものが本日御紹介している木版画であり、こちらは裏にキチンと『版元』の印も摺られておりますから、真面目なもので間違いございません。

復刻版とは原画に対しての著作権に基づき、権利を得た版元やメーカーが復元します。
勝手に作ったり真似て商品化してはいけません。法律でキチンと罰せられます。

版元の印があるのとないものとでは、全く存在価値が異なる為、レプリカと申し上げても、キチンと誰が監修の元、復元されているかを明記しなくてはなりません。
この辺りのお話は美術業界に限らず、デザインや音楽、建築に至るまで携わるものは必ず知るべき規則でございます。

話がそれているようですが、この部分をキチンを御理解された上で上記の作品をご検討頂けましたら幸いです。
額付/当時のガラスのまま/マット部分良好(マットとは版画の場合は作品の周囲を囲む紙板が存在します、これをマットと申します)
復元作の為、ノンブル無し(ノンブルとは何分の何と数字が書かれている版画作品によく見かけられると思いますが、あの数字の部分です)

 


額装にてお届けします。
画像クリックで商品ページが開きます(古美術希)

長くなりましたので、こちらの作品で一度、記事アップさせて頂きます。復刻版

*木版画を購入の場合は本当に木版画であるかしる方法は額から取り出し、裏面を御覧下さい。木版画の場合は色が半紙を透けて裏面でも見受けられます。印刷物の場合は裏側に色地味が全くないので、わかりやすいと思います。

author:古美術 希, category:古美術品/入荷のお知らせ, 17:27
-, -
入荷のお知らせ/古美術品
徐々に入荷しておりますが、こちらでお知らせする前に完売が続いております。
お時間ございましたら、店頭までご来店下さい。
(大変申し訳ございませんが入荷品の内容を電話にてお問い合わせされるのは御遠慮下さい)
今朝、入荷品も既にご予約済みが多数となりました。
飲食店や寺院の皆様には大変恐縮ではございますが、店頭まで商品の御引き取りをお願い申し上げます。
年末年始仕様の器に関しましては、当店、今年は30日まで営業の為、お持ちする事ができません。
できれば店舗近くの駐車場へ車を停めてからのご来店をお願い致します。
発送の場合は日本郵便もしくはヤマト運輸でお届け致します。
海外の方の御来店の場合、ほとんどの方が日本語の話せる方を御同行頂いており有り難く御礼申し上げます。
海外へ御発送の場合は今時期世界的に配送が混雑する為、通常の配達日時には商品をお届け出来ない場合がございます。
こちらは年末年始は御了承願います。

商品受け取りのお客様へ
午前中に受け取りに御来店される方が多く、夕方が割と混雑が少ない状況です。
但し土日は時間帯に関わらず混雑しております。
御年配者の方がいらした場合はテーブル席をお譲り頂けますようお願い申し上げます。

只今、お電話での御対応が出来ない状況の為、お話が長くなる場合はメールにてお問い合わせ下さい。
お返事も随時、受信した順番に申し上げております。
必ずお返事は致しますので、今しばらくお待ちください。

それでは、今年も残りわずかとなりました。
お気に入りを見つけにいらして下さい。

 
author:古美術 希, category:古美術品/入荷のお知らせ, 15:21
-, -
古美術品の販売状況

今も常連さんに「なんで電話くれなかったの!」と、ちょいと愚痴られました。。。

現在、先日入荷品の品々、、、絶賛御予約承り中です。

「ネットに書いてなかったよ」とか
「こんな凄いのが入荷って書いてあった?」とか
「えー!昨日電話くれたら来たのにー」とか、とか、とか、、、。

ネットに書くと、問い合わせ電話殺到で仕事にならなくなるから書かなかった・・・の言い訳虚しく。。。

当店、何せ、御来店頂いた方で御予約された方が優先です。

お一人ずつお電話している時間が現在、まーったくございません。

できれば、御来店時に御決断願います。



年内もう一回、仕入れお願いしま〜す!のリクエスト。。。

コタエラレナイオソレアリ

(電話で入荷品の確認はお控え願います)

 

追記:店のドア付近に出していた印判手ほぼ全て完売です。

author:古美術 希, category:古美術品/入荷のお知らせ, 17:42
-, -