RSS | ATOM | SEARCH
洋菓子を添える
IMG_5796.jpg
ありがたいことに差し入れ品が届く日々・・・

IMG_5797.jpg
写真を撮る時間がありましたので、先日の柿と並べて御紹介。

八寸四方盆に直接添えても良いのですが、今回は古染付の小皿に添えました。

IMG_5799.jpg
続いて塗りの雰囲気を変えますと渋い器も見栄えが致しますので、備前の猪口に銅製の茶托。

IMG_5800.jpg
茶托を小皿として代用するのも有りです。

静寂な佇まいの器には白と黒のメリハリのある菓子と飲料を添えますと全体的に引き締まります。

IMG_5801.jpg
先ほどの備前では落ち着き過ぎて上級過ぎると感じられる場合は、珈琲を淹れた器を九谷に変えます。

IMG_5802.jpg
磁器と銅製の素材が異なる中でも調和が取れるのは、銅製茶托の紋様と金彩で描かれた九谷の技法によるもの。

IMG_5803.jpg
華やかな雰囲気にする場合は九谷で揃えて雅な世界を演出します。

IMG_5804.jpg
この場合は大体同じ時代のものを組み合わせますと違和感なく全体的にまとまります。

IMG_5805.jpg
最後に先日入荷した徳川葵紋入のこちらは丸いお盆で御紹介します。

IMG_5806.jpg
徳川の紋を避けるように周囲に食材を添えます。

勿論、中央にドンっと添えても良い時代ですので、こちらは好き好きです。

今回は敢えて中央を残しました。

IMG_5808.jpg
江戸時代の食材と現代では異なる場合が多いので、実際に江戸期から、それ以上古い漆のお盆を使用する際は懐紙を敷いてご使用下さい。

和菓子の場合も直接添えても問題はございませんが、時代により食材を添えた箇所のみ変色する場合もございます。
即座に手入れを行えば問題はございませんが、数時間そのままの状態にする場面では懐紙を用いることをお薦め致します。
尚、明治以降の塗物を使用される場合は、そのままご使用頂いても問題ない事が殆どです。

お手元の漆器がご心配な場合は、念の為、1時間程食材の欠けら程度を乗せて様子を見てからお試し下さい。

同じ洋菓子でも器次第で表情が異なり楽しめます。
お気に入りが見つかりましたら成る可く手入れ方法を店に確認して良い状態のまま末長くご使用下さいませ。

 
author:古美術 希, category:食と器, 12:51
-, -
早速「柿」のお裾分け頂戴也

IMG_5792.jpg
先日の「お客様の声」で催促してしまったような状況ですが^^;

柿のお裾分けを頂きました♪

わざわざ御足労頂きまして、ありがとうございます。

IMG_5791.jpg
今年は豊作とのことで、猛暑が関係したのでしょうか?

ここからしばらく陽に当てて熟すのを待つのがお薦めとの事。

手元に届きますと、いよいよ今年も秋に突入していることが実感できます。

 



お盆は香台として使用しても良し!食材を盛り付けても良し!使い方は無限に広がる珍しい色味鮮やかな蒔絵に足付です。

十五夜の飾り付けに使用されても素敵です。

実りの色彩が彩る季節になりました。

シックな器で粋な秋の夜長をお過ごし下さいませ。

author:古美術 希, category:食と器, 16:02
-, -
フルーツ
IMG_4793.jpg
まず用意したのは・・・
*伊万里染付麒麟八角鉢←クリックで商品ページが開きます(古美術希)

取り分け用の小さな器は
*伊万里染付向付5客←クリックで商品ページが開きます(古美術希)

IMG_4797.jpg
た〜くさんのフルーツポンチを頂きました♪ので、器の御紹介をさせて頂きます。

IMG_4800.jpg
こちらは5客揃組の向付。
本来は料理を盛り付ける器ですが、このようにフルーツを添えてもOK♪

IMG_4801.jpg
フルーツと和食器の組み合わせはイメージしにくいと思いますが、意外と相性が良いので、以下、続きます。

IMG_4805.jpg
こちらは一対(一対とは、2客で揃いという意味)

IMG_4807.jpg
縁にも繊細な点で紋様が描かれているこちらの器は
*九谷瓢箪柄盃洗一対←クリックで商品ページが開きます(古美術希)
渋い色彩をベースに金彩で施された縁取りが見事な作。
本来は水を注いで盃を洗う器ですが、このように食材を盛り付けて大鉢(丼)として使用される方が現代では殆どです。
こちらは足(高台)が低いタイプですが・・・続きます。

IMG_4809.jpg
盃洗の定番は足付のコンフォート型をしているものが多く、こちらが足付の盃洗です。

IMG_4814.jpg
*伊万里染付盃洗←クリックで商品ページが開きます(古美術希)
江戸幕末期のベロ藍とフリルのような縁が爽やかです。

IMG_4819.jpg
最後は定番のフルーツ=硝子。
それだけでも充分可愛いですが、本日は江戸幕末期の赤絵小皿を敷きました。
*伊万里赤絵香台図小皿5枚揃←クリックで商品ページが開きます(古美術希)
ピンク色に合わせて小皿もピンク色に「見える」小皿を使用する事により、まとまりが出ます。
ピンク色に見えるこちらの小皿は細い朱色の線描により目の錯覚で淡いピンクに見えているだけで、実際は幕末期の伊万里の色調を巧みに用いられている絵師による技を感じる小皿です。

*スプーンは現代和雑貨希のぞむにて販売中←クリックでカトラリー欄が開きます(現代和雑貨希のぞむ)

渋くまとめるも良し!
可愛くまとめるも良し!
爽やかに演出するのも良し!

色々な器と組み合わせて取り入れてみて下さい。


 
author:古美術 希, category:食と器, 15:30
-, -
夏の差し入れ
IMG_4729.jpg
猛暑の中、御来店頂きましてありがとうございます。
IMG_4728.jpg
おやつの差し入れ頂きました。
IMG_4738.jpg
*盃洗一対←クリックで商品ページが開きます(古美術希のぞみ)
大正時代の盃洗に添えて見ました。
一対(2客セット)で若干大きさが異なるので夫婦の器としてもご使用頂けます。
青とピンクのラインが大正時代のモダンな文化を象徴しており他の器と合わせやすいデザインが特徴。

*日丸銘々皿←クリックで商品ページが開きます(現代和雑貨希のぞむ)
日本を代表する朱塗りは華やかかつ品格がございます。
銘々皿は一式お手元にありますと取り皿として活躍します。
食卓のポイント色として差し色感覚でご使用下さい。
IMG_4627-1.jpg
こちらは先日届いた桃。
IMG_4626.jpg
可愛い「おしり」
IMG_4628.jpg
夏バテ寸前ですが、なんとか今年も乗り切るよう頑張ります。
author:古美術 希, category:食と器, 15:49
-, -
猛暑を乗り切るには「食」

暑いですね・・・暑いですね・・・暑いですね・・・

・・・・・・!

『暑いですね』

のみしか、耳に入ってこない日本列島。
どうなっているのか・・・。

IMG_4595.jpg
*九谷小皿5枚揃←クリックで商品ページが開きます(古美術希のぞみ)


基本に戻り、体力をつけましょう=食べましょう!

この猛暑を乗り切るには食欲を刺激しないとなりません。

ガラスの器も素敵なこの時季。

しかし、ガラスですと盛り付ける料理が決まってしまうので食生活も偏りがち。

やはり、目にも涼しい染付を御使用下さい。

今年もっともスーパーで見かける豊作のピチトマトを添えて御案内致します。

「九谷でも青いものってあるんだ〜」と、驚かれる方も多いのが画像の染付。

藍九谷は1700年代のものから御用意ございますが、江戸中期の藍九谷は、それなりのお値段になります。

もう少しお手頃な九谷を・・・と、仰る方もおりますが、滅多に入荷しません。

本日御紹介の小皿は店頭に陳列していても九谷と気がつかれないのが悩ましい逸品。

御紹介の小皿は明治期頃のものですので、お手頃価格かと思います。

伊万里の染付と九谷の違いは?と聞かれますと、う〜ん・・・具体的に言葉で記すよりも目にした瞬間、ニュアンスで覚えていくものなので、言葉にすると難しい・・・店頭で見比べながら御紹介致しますので、ご興味ございましたら、お声掛け下さい。

IMG_4605.jpg
*伊万里染付八角鉢10客揃←クリックで商品ページが開きます(古美術希のぞみ)


そして、こちらは明治〜大正期の八角鉢(向付)全て状態が良く10客奇跡の無傷です♪

部分的に印判手となりますが時代背景を感じるモダンな紋様は細かな線が特徴。

裏には角福印有りますが、そこまで高額な価格は付けられない角福(時代が若いという意味で)

角福=高額とお考えの方もおりますが、ここは作られた時代も参考に値段を見ると良いと思います。

やたらと高額な角福は、まさに献上品で一般のご家庭で所有するには悩ましい物も存在する古美術の世界。

本日は使える器を御紹介しておりますので、目が飛び出るような価格帯はございませんのでご安心下さい。

商品説明にも添えましたが、八角は古来中国より魔除けとして伝わり、現在でも建築や器、家具に至るまで八角をモチーフにしたものは数多く存在します。

例えば、、、そうですね、横浜中華街を歩いていても道の何気ない所に八角のものが置いてあったり、建物の中にも見ることができます。

中華街に行くと肉まんやらエビチリやら小籠包が目に付くと思いますが・・・建物や器、家具も次回からご覧になられてみて下さい。

日本に伝わり、どの時代から言われるようになったかは不明ですが、亀の甲羅を八角と例えて長寿の印(イメージ)で現在も受け継がれております。

祝いの席等で、こちらの器を添えられますと解る方には大変喜ばれます。

10客揃いで所有して頂きたいので、予め、特別価格にて御案内致しております。

この機会に是非、ご検討ください。

IMG_4611.jpg
*伊万里蕪紋様煮物碗←クリックで商品ページが開きます(古美術希のぞみ)


煮物碗にプチトマトを添えるなよ・・・と言われそうですが、イメージとして御覧下さい。

こちらは江戸幕末期に作られた器で蕪を描く筆遣いが、なかなか手慣れた絵師によるものだと見受けられます。

絵柄の構図も洒落ており、蕪の葉をお碗の内側まで伸びるように描くアイディア作品。

葉の付け根部分の細い線描きが絶妙な描き方をされており、漢文は訳しておりませんが・・・大胆な作風から物語が存在する自信作という事に間違いございませんね。

漢文を訳すのは、また後日・・・頑張ります。

こちらに添えたい料理は蕪でしょうね^^;

しかし蕪料理に関わらず幅広く使える平茶碗は口が大きいので、このまま蓋無しでも十分に日常使えます。

側面から器の内側までグーンと伸びる藍色の葉には薄い緑色が差し色として添えられており、絶妙な新鮮さを表現しております。

現存数が4客でしたので、1客ずつのバラ売りを致します。

手描きですので、微妙に表現が異なる為、お選びになりたい場合は御来店下さい。

IMG_4613.jpg
*伊万里染付花紋様煮物碗6客揃←クリックで商品ページが開きます(古美術希のぞみ)


遠目から見ると、淡い水色に見えるのは、細い曲線で器を包むように描かれた描写が目の錯覚として捉えるから・・・

レース編のような繊細な紋様が描かれております。

IMG_4617.jpg
蓋は小皿として代用される方も多く、実際、蓋物を所有されてから小皿としての出番の方が多いのではないか?と仰る方もおります。

あまり型にはまらず自由に御使用頂けましたら幸いです。

こちらは女性の手に納まる程の小ぶりな煮物碗。

内蓋は料理を運ぶ際にズレにくいと料理屋の場合は率先して内蓋のものをお選びになります。

時代は江戸幕末期。

微妙な歪みにより蓋を閉じると高さがそれぞれ異なる所が味わい深い。

染付の中でも花の絵柄は万人受けするので、贈り物としても選ばれます。

肌の乳白色に柔らかい曲線、呉須の色自体は幕末期ですのでコバルトブルーの発色をイメージしますが、上記にもあるように目の錯覚を上手に取り入れた絵師による技。

こちらは年中使いまわせる器として人気です。

飯茶碗として御使用されるのも良し、煮物は勿論、お飲物を注いで蓋をする事も可能、上級者ともなりますと梅干しを入れて冷蔵庫保存されていたりします。

私は毎晩、同じような大きさの蓋物碗にヨーグルトに冷凍ブルーベリーを5個添えて(目が命の仕事の為)ブルーベリーが溶ける間は蓋をして他の事をしております。

習慣にされると決まった器として毎日使う事になり、それでないと落ち着かなくなります^^;

蓋物碗、チャレンジしたいけど料理が苦手だし〜・・・と悩まれる方でも、使い方は色々ございますので、まずは、そうですね、バラ売りのものも店頭に御用意ございますので、1客所有されると言葉でお伝えするよりも良さが伝わります。

お気に入りが見つかりましたら、お声掛け下さい。
 

author:古美術 希, category:食と器, 15:57
-, -
夏に向けて染付

FullSizeRender.jpg
夏場は爽やかに染付で揃えると涼しさを演出できます。
*レースは手作り品=ご要望がございましたら御発注承ります。

FullSizeRender-1.jpg
様々な紋様と組み合わせても藍色が統一感をもたらしてくれます。


こちらの微塵花唐草は古美術、骨董商を巡ると必ず一度はお目にかかる程の定番の絵柄。
細い曲線で描かれているので実はレースとの相性が非常に良く、爽やかな西洋の印象に様変わりします。

この時季でしたら、無色透明の硝子を添えますと輝きがプラスされて清涼感がアップします。

 

硝子に添える紋様を引き立たせる為にも、この場合は無色透明がオススメ♪

 

最近は緑茶をワイングラスで嗜む店も増えました。

ワイングラスの下にコースター代わりとして江戸時代頃の小皿を添えると味わいと時代の重みが味わえます。

 

この場合、普通のグラスでしたら冷えたお飲物の水滴を小皿で受け止めます。

 

緑茶の色を引き立たせる色味は様々ございますが、本日は夏を意識して染付で御案内致しました。

 

視覚から涼を味わって下さい。

author:古美術 希, category:食と器, 16:56
-, -
夏はアッサリ染付に豆腐ハンバーグ

FullSizeRender-3.jpg
真夏日和が続いておりますが、食欲の方がイマイチね〜・・・と仰る方も多くなる季節となりました。

夏に向けて清涼感を味わいつつ使える器を御紹介させて頂きます。
FullSizeRender-2.jpg
生粋のハンバーグ好きの私でも、流石に純ハンバーグが重く感じる季節。

今日は豆腐ハンバーグを添えて大根おろしでスッキリ♪爽やかなハンバーグです。

画像の器は江戸幕末期頃のなます皿と称する深さも程よくある形状から様々な料理に対応可能。

日頃、忙しいけれど味わいのある器を使いたい!とこだわり派の主婦の方々に人気です。

FullSizeRender-1.jpg
もう少し料理の演出をしたいな〜とお考えでしたら小ぶりの蓋物碗がお薦めです。

元々は煮物碗として作られたので、蓋をすると保温効果もあります。

海外の方は開ける楽しみがあると喜ばれる方も多く、和食に取り入れたい器の代表格とも言えます。

FullSizeRender.jpg
小ぶりなものをお選び頂きますと、食が細くなった方でも食べた満足感を味わえます。

視覚効果を上手に取り入れて健康的な食生活をお過ごし下さいませ。

こちらは江戸後期(1700年代後期)の煮物碗です。

様々な料理を年間を通じて楽しめる家庭の台所の長に人気の器を御紹介致しました。

このように古から大事に伝わる器をポイントに取り入れる事により食卓にメリハリが出て、これから来る気だるい猛暑にも「ヨシッ!食べるぞ!」と意欲的になられるかと思います。

使う頻度が多そうだな〜と感じる器を選ばれて、毎日、使う事により「器代の元を取る」と笑顔で持ち帰られる方もおります。

体調を崩されておられる場合も、お気に入りの器をお一つチョイスして心がけて食べたい食材を添えて励んでみて下さい。

 


[おまけ]

夏の定番と言えば素麺かと思いますが、素麺用の器もガラス製のものから陶磁器、漆器まで色々ございます。

画像のものは九州で購入した現代物の大鉢です。

竹スノコを置いて下の部分には氷を入れております。

*私物の為、店頭に御用意ございません。

そして麺つゆには古伊万里の蕎麦猪口を使用しております(画像無)

我が家の定番となる器探しをされに、お立ち寄り下さいませ。

author:古美術 希, category:食と器, 12:50
-, -
父の日2018

FullSizeRender-9.jpg
今年の父の日は6月17日(日)です♪

かれこれ数十年・・・父の日の贈り物を上納してきた息子&娘さん方に御提案。
FullSizeRender-1.jpg
古い物が苦手とか、わからないから手が出しにくい・・・と仰る場合は近代の作家物はいかがでしょうか?

FullSizeRender-2.jpg
作家物のぐい呑に古い食器をさりげなく添えてみたり・・・

FullSizeRender-3.jpg
どうせなら時代物がいいな〜と仰る場合は明治〜大正期の手頃なお猪口に小皿を添えたり・・・

FullSizeRender-4.jpg
共に九谷焼で揃えました。
やきものの産地を揃えると一体感が出ます。

FullSizeRender-5.jpg
少し奮発して江戸時代の伊万里なども粋な献上品(プレゼント)です。

FullSizeRender-6.jpg
定番の微塵花唐草紋様辺りをお選びになられると、通な父上は「お〜♪なかなか良いところを抑えるのー」とお褒めの言葉が出る・・・かも・・・


FullSizeRender-12.jpg
*更新*こちらの画像の九谷5枚皿2018.6.21完売*

上級者は色絵に挑戦してみましょう!
このように爽やかな色彩をお選びになられると季節感も父の日に適しておりますし、グリーン系の食器は食材と相性が良いので重宝します。
おそらく母上に奪われるとは思いますが・・・。

FullSizeRender-10.jpg
末長く使えて、お家の財産にもなる贈り物。

ご予算お伝えして頂けましたら御提案、今年も頑張らせて頂きます。

ご遠方の方はメールで承っております。

ご予算・好み・希望枚数(枚・個・客)等、ご希望をお送り下さい。
締め切りは・・・毎年、なんやかんやと父の日以降もお問い合わせ頂きますので、締め切りはございません。

お気軽にご相談下さい。
(プレゼント用に包みます)

author:古美術 希, category:食と器, 12:34
-, -
沖縄より「菓子&首里の香り」

FullSizeRender-5.jpg
沖縄のお菓子頂戴也。

FullSizeRender-1.jpg
選りすぐりを、たーくさん!ありがとう!

沖縄の青い海をイメージして・・・
FullSizeRender-2.jpg
コバルトブルーで御紹介。
甘いお菓子と塩味のお菓子をバランス良く・・・爽やかコースターまで^^お気遣いに感謝です。

FullSizeRender-3.jpg
硝子のシーサー・・・箸置きかな?

FullSizeRender.jpg
上の画像で使用している器

伊万里染付蛸唐草紋様長角皿←クリックで商品ページが開きます(古美術希)

九谷豆皿←クリックで商品ページが開きます(古美術希)

*伊万里印判手向付←画像準備中(古美術希)


FullSizeRender-6.jpg
おまけ

伊万里の同じ絵柄の向付と小皿を用意します。

FullSizeRender-7.jpg
画像のように高台を付けて高さの演出と、向付に小皿を添えて・・・

FullSizeRender-9.jpg
お菓子と珈琲を・・・

FullSizeRender-10.jpg
小皿にそのままお菓子を添えるのは普通ですが、少しアレンジしたい方は高さを作ると「こんな器あるんだ〜」と、全く別物であるような錯覚を起こします。

FullSizeRender-11.jpg
今年も日本列島、順番に梅雨入りですね。

現在、店頭は沖縄から届いた「香り玉」が爽やかに香ります。

今年は首里石鹸の香りで鬱陶しい梅雨を乗り切ろうと思います♪

ありがとうございました^^

送り主は・・・熊本の方^^;沖縄出張お疲れ様でした^^

author:古美術 希, category:食と器, 13:17
-, -
秋田より「米」
2018.png
遅くなりました・・・
秋田県より

FullSizeRender-1.jpg
日本の代表的な食と言えば「米」

今でこそ、当たり前に食べられる白米ですが、歴史を振り返ると白米を知らない人もいた時代がございます。

最近は糖質制限が話題となっておりますが、体調管理をしつつ健康を保つ為にも、日本人を支えてきた白米を推進したいですね。
FullSizeRender.jpg
当店で出来ることは器の御案内となりますが、こちらは煮物碗として江戸幕末期に作られた物。

現代でしたら各ご家庭で飯茶碗としてご使用になられる方も多く、蓋付をお選び頂けましたら保温効果もございますので、何かと便利かと思います。

蓋は小皿としてもご使用になれます。

蓋物碗は当店では料理屋・料理専門家から圧倒的な指示を頂いております。

中でも蓋が内側に収まる形状の物が料理を運ぶ際にズレにくいと好評です。


やきもの(陶芸)をやられた事がある方は御存知ですが、このように合わせ物の場合、蓋と下の部分となる器を同時に作る事がどれだけ難しい技であるか・・・、又、やき上がりの段階で割れずにサイズを合わせて上下共に仕上がる確率等を考慮して頂きますと、この時代に手作りでここまでの仕上がりとなっている事に敬意を表す方も少なくはありません。

やきものは粘土から素焼の状態にした場合、私の経験上、凡そですが15%は縮みます。
それらも計算して作られ、完成に向かい、用途を考えて大きさを粘土の段階で調整します。

あまり作り方のお話をすると果てしなく教えて欲しいと仰る方も多いので控えておりますが、一度、陶芸教室等を体験されると御理解頂けるかと思います。

蓋物碗でも「これは煮物碗だね」とか「飯茶碗だね」と区別がつくようになるのも数多く見ていると瞬時にわかるようになります。

蕎麦猪口と向付の区別と似たような感覚・知識です。


現代は使い方は然程うるさく言われない時代となりました。

ご家庭で楽しまれる分には、このような煮物碗を飯茶碗として毎日の食事でご使用頂けたらと思います。


食事制限を受けた方の御来店も本当に増えております。

しかし、日々の食事を如何に楽しむか・・・楽しめるか・・・と工夫を凝らしておられる方も多く、その時に、蓋物碗を御案内しております。

急須として代用出来ることや、上にも書きましたが、蓋は小皿として使用出来るので、健康を考慮して毎日摂取する食材を蓋のココに添えて決まりを作り、それを癖にしてしまえれば、意識し過ぎ&過度な健康志向から抜け出せるようなお話を致しております。

何事も意識の改善が伴わない限り、変化はもたらされないので、一つの器をキッカケに毎日継続して行える癖を作る作業のお手伝いを御案内中です。

○○を摂取する事に決めた!というタイミングで、それ専用の器を見つけますと、不思議な事に元手を取ろうと毎日、その器を使い続け、いつの間にか、愛着がわき、そのうち、その器で決まった食材を食べないと落ち着かない・・・という具合になるので、この場合は健康思考の方には蓋物をおすすめ致します。

結果、日本人ですからね。

白米を美味しく食べられる事を基本に考えていきたいと思います^^


お米、ありがとうございました^^
有難く頂戴致します。
 
author:古美術 希, category:食と器, 13:16
-, -