RSS | ATOM | SEARCH
お客様の声/市内 Y.M様

こんにちは

先日はありがとうございました

楽しい時間を過ごしました

骨董の本を買って読んでから、もう一回行きたいと思っていて、ようやく読み終わったのでよりました

前にお邪魔した時よりもやきものの名前がわかるようになっていたので納得する買い物ができました

前は伊万里と有田は違うのですか?とか質問ばかりしていてご迷惑をおかけしました

丁寧に教えてもらった上に本を読むことを教えてもらったので自分なりに頑張って本を読んで挑む気持ちでお邪魔しました

私は渋いものが欲しかったんだとわかってから、ずっと探していたのですが、それが何焼きなのかもわからなくて、あちらこちらを見て回っていた時に古美術希の看板をみて入ってみました

今年も、もう終わりますが今年は古美術希で買い物をするのが夢で目標だったから大変満足してます

うわぐすりとか今まで聞いててもなんのことを言っているのかわからなかったのが、ようやく理解できたのも自信になりました

これも山崎さんがめげずに教えてくれたからだと思います

素人の私が景色がいいですね〜と言ったら山崎さんがどこで覚えてきたんだ?と驚くので本を読んだと自慢げに言いましが、景色の意味がわかっていないのがすぐにばれました笑

そして、私より年下の店主さんだったと知って、今度は私が驚きました

山崎塾を開設してほしいと言ったら断ると言われましたが、これからも本を1冊読破するたびにお邪魔します

今回は小鉢を1個買わせてもらいました

そして見本で出してくれたお盆がかっこよかったのでお願いして譲ってもらいました

黒いお盆に小鉢を乗せて食べました

大満足です

今度は美術館に行く課題をもらったので美術館に行って勉強してきます

お客様の声に書いてみました

ご判断お任せします

 

author:古美術 希, category:お客様の声, 17:46
-, -
お客様の声/埼玉県M様
鑑定と査定をお願いしたMです。
お客様の声に

数年前に大掃除を兼ねて祖父が残した骨董品を売りたかったのでインターネットで希さんを見つけました。
写真鑑定をお願いして翌日にお返事をもらいました。
壷と湯呑みを送りました。
鑑定額は驚きの合わせて数千円。
理由をしっかりと説明してくれたので納得しました。
後から桐箱も見つかって、そこに書かれている文字を読むと最近のものだとわかりました。
それからお詫びのメールを送って1年経ちました。

母と鎌倉へ出かける用事があったので希さんに寄ってみました。
店のものを見ると祖父のものとは違って古いものだと素人でもわかるものばかりでした。

(省略)

母が買った蕎麦猪口を祖父の収集品に並べてみてわかりました。

他にもたくさん眠っているのですが、私なりに希さんにお願いしても恥ずかしくないものがあったらメールしたいと思います。

多分、ないと思います 笑
(画像使用許可文有)←ありがたい限りではございますが今回は使用しません(以下に説明有)

----------------------------------------------------------------------

ちょうど1年前の今時期にメールを頂き、湯呑みと壷の鑑定、査定をさせて頂きました。
画像使用許可も本文にございましたが、昭和のものですので、今現在も大切に保管されておられる方も多くおられると考え、画像掲載は今回はやめる事にしました。
(同じものが量産されておられるものです)
当店は古美術品を主にしておりますので100年が目安になります。
こちらの御依頼品は昭和のもので、湯呑みは夫婦茶碗の桐箱入でした。
結婚式の引き出物等を鑑定、査定依頼される方がおりますが、大変恐縮ですが価格はほぼ付きません。
Mさんの場合、壷は高さ30cm程の赤が特徴的な有田の壷と湯呑み2客。
後に見つかったとメールを頂戴した際に、桐箱に「有田」と記載されておりましたので、伊万里、有田と称する時代背景のご説明もさせて頂いた記憶がございます。

Mさんとは、こうして御来店頂き対面できました事に感謝申し上げます。

ご注意ください:鑑定、査定のみのご依頼はお断り申し上げております。必ず必須項目明記の上、御依頼願います。
 
author:古美術 希, category:お客様の声, 12:54
-, -
お客様の声/市内 Y様御夫妻

(省略)
以前、家内と店の前を通りがかった所、珍しい地図皿が置かれてありました。

帰りに寄って値段を聞こうと悠長に鎌倉へ出かけてしまい、その日は帰りが閉店時間に間に合わなかったので翌日に電話して値段を聞きました。
すると、既に売れたと聞いたので、なんて惜しいことをしたのだと悔やみながら数日して再び店の前を通り過ぎました。
記憶が定かではないのですが緑色だった記憶から織部の茶器だと思い、その日も急ぎで都内に向かう用事があった為、後ろ髪を引かれながら電車に乗車。
その日の夕方に閉店より数分前に戻ってこれたので店に入り、その時も売れてしまったと聞かされ、こんなに何度も逃すのはよっぽど縁がないと諦めておりました。
希の前を通る時はなるべく見ないようにするのですが、どうしても気になって見てしまいます。
先日は店の前に飾ってある須恵器にローズマリーが非常に気になり電車を1本見送りドアをあけました。
買えなくはない値段を憎みつつ、店内を拝見させて貰うと憎き衝動を掻き乱す品が数点陳列されて悩みました。
急ぎであることを告げて失礼ながら値段だけを聞いて電車に乗りました。
ここでスマホを取り出し希のホームページを開いたら私の財布はどうなるだろうかと葛藤しながら覗き見する自分に呆れました。
調度その翌週に家内の誕生日を控えていたので、これは口実になると疚しい考えを抱きはじめました。
お客様の声が非常に気になる私は東京駅に着くまでの間読み続け、その日から日本橋界隈の古美術商を巡りました。
我が家は希から徒歩圏内にあるのが悩みどころ。
家内も嫌いではなく、むしろ器は好きな方で独身の頃から集めています。
時折、家内も店に立ち寄り私の悪口を話してきたと言ってますが、そこはお二人の時間なので触れずにいます。
(省略)
家内が何か間違いを起こしてアレを買ってこないか?とか、うまいこと言って値引きしてこないか?とか、そんなことを妄想しているうちに須恵器購入の快諾を得ようと話しかけました。
すると、それよりも皿が欲しいと言われてしまい、渋々、店に問い合わせのメールを入れた所、皿は来週末に夫婦で出向いて選ぶ事になりました。
そして、最近最も購買意欲を掻き立てられていた須恵器の値引き交渉を試みた所、これまた私は付いてなかった。
昨日売れたと返事をもらいショックのあまりしばらく途方にくれました。
欲しいものは手に入れないと二度と出会えるものではないと頭ではわかっていながら3度目も逃した自分の愚かさに今後は気合を入れて値段を聞こうと考えました。

と、言う具合に書いてみました。
希さんとすっかり仲良くなった家内が笑って読み直してOKを出しています。
お客様の声に面白い話があるとついつい読んでしまうので我が家も参加したいと願い出た所存であります。

それでは今週末にお皿を選びにお邪魔します。
よろしくお願いいたします。
author:古美術 希, category:お客様の声, 12:09
-, -
お客様の声/東京都 編集S様

 

本日はありがとうございました!
 
 こんばんは。
 編集のSです。
 
 本日は開店早々におうかがいしましたうえ
 すっかり長居をして失礼をしてしまいましたが、
 山崎さんにお会いできて嬉しかったです!
 取材以来ずっとまた訪ねたいと思っていましたので、
 ようやく念願を果たせました。
 
 思いがけず素敵な器にも出会えて大満足の一日でした!
 家に戻ってからも眺めまわしました。笑
 蓋物のほうは遠くから見ると絵付がより繊細で、
 近くで見るのとはまた違う魅力がありますね。
 江戸時代の職人さんの手仕事に思いを馳せずにいられません。
 普段使っている器と違う質感にも、本当に虜になっています。
 大事にしつつ、どんどん使っていきたいと思っています。
 
 またぜひゆっくりお話させてください〜
 山崎さんとのお話、とっても楽しくて時間を忘れるほどです。
 今度は時間を空けずにおうかがいします。
 
 これからぐっと冷えてくるようです。
 風邪も流行っているみたいですので、
 くれぐれもご自愛くださいね。
 
 ではでは。
 
 

/編集

----------------------------------------------


再びこんばんは!

お忙しいなかご返信くださり、ありがとうございます。

(省略)

山崎さんお墨付きの、本物の古伊万里に出会えたこと、
まさにご縁だとしみじみ感じています。
素人目にも高い技巧の持ち主が手掛けたのだなと、
じわじわ伝わってきてます。
何度見ても絵付の繊細さが見事です。
「本物」を身の回りに置くことって、ほんとうに、大事なのですね。
自分の価値観も変わるし、世界が違って見えるくらい。
初めての骨董を購入したお店が希さんで良かったです。

「お客様の声」、ぜひ載せてくださいませ〜
上記もあわせて自由に編集なさってください!

(省略)

ではでは、今後とも、よろしくお願いいたします。





----------------------------------------------

*数年前に雑誌の取材で当店へ訪れて頂いた編集のSさんの思いがけない御来店(まず、ここで驚き!)

更に古伊万里蓋物碗をお選び頂きました(さすが・・・)

この度『も』、ありがとうございました。

古美術品との出逢いの場ですが、店主として、数年前にうけたSさんの取材が数年後にこうして再び、お互い成長して(年食ったとも言う^^;あははははは〜)再会出来ました事に感謝申し上げます。


益々の御活躍を矢印上き

*編集&取材の意味をどのように明かして良いのやら?と考えたのですが、敢えて、そのまま今回の経緯(ストーリー)として記載させて頂きました。
author:古美術 希, category:お客様の声, 14:21
-, -
お客様の声/市内T.M様

こんにちは。
(省略/一部訂正)

この前は○○さんと店で偶然会って感動(動揺)しました。
○○さんには何度か食べに行ったことがあるので驚きました。

女将の私服姿に感激。

今度は○○さんへ行くときは食器もしっかりとみて来ます。


そして、ここからが面白話で使って下さい。

料理屋の女将と古美術商の女将に押し切られて購入した皿は思い出と共に書斎に飾ることになりました。
押し切られたと書きましたが、半分以上、購入意思は固まっていた所に、かつて数回お邪魔した料理屋の女将が入店。
初めは店主の御友人かと思い、傍に逸れて皿の支払い方法を考えていたら、聞いてはいけないと思いつつ女性2人の会話が耳に届くわけであります。。。。
「前に譲ってもらった花掛けがお客様からも好評です」
その一言が耳に入って来たので、どこかでお店を営む御婦人なのかと思っていたら
「あら?Tさん?」
正直、驚きを通り過ぎて、こんな場所(失礼)で女性に話しかけられるとは想像もしない私にはドギマギする姿も相当だったと思います。
「〇〇です」

一瞬、どこの〇〇さんだと記憶が曖昧でしたが、女将の表情に見覚えがありましたので救われました。

わからないものですね。
店であれば〇〇の女将だとわかるものが、外で会うと、ましてや古美術商の店内とは。

女将のヨイショから逃れるように皿を購入し帰宅。
悪いことをしているような慌てっぷりの支払い方をしてしまったことを悔やみつつ袋を開封。
いつ用意したのか領収書も商品の中へ入っていました。

今回も納得の品物が手に入り、思いがけぬ思い出も重ねて、御礼申し上げます。

前回は僧侶と同席になった私は果たして付いているのか?いないのか???
古染付の皿を見ると僧侶の首を傾げながら茶碗を見る姿を思い出します。。。

買い物の思い出が付属しますが、これも収集家の醍醐味として。。。

T.M

 

author:古美術 希, category:お客様の声, 15:25
-, -
お客様の声/横浜市S様

先日は、ありがとうございました。

2年ぶりにお邪魔したにもかかわらず、覚えていてくれて嬉しかったです。

前に買った伊万里の食器は我が家で活躍してます。

(省略)

お客様の声

希さんとの出会いは私の友人から鎌倉に行くなら寄ってみて!と教えてもらったのがはじめです。

古美術商のドアを開けるのが怖かったですが思い切って入ってみました。

想像と違って居心地の良いお店です。

お客様の声にあげてもらう程の買い物はしてませんが、希さんがおすすめしてくれた5枚のお皿は使い続けていると良いものだと納得しました。

愛着がわいてくる意味がわかったような気分にもなります。

古いものを買ったことが全くなくて今の人達が作るものを買って集めてましたが、時代の古いものは作家物とは違って日に日に愛着が深まるような気がします。

うまく言えませんが、良いものはこうやって使いながら残して行くんだな、と思いました。

今回は蕎麦猪口を自分用に1個買いました。

お皿と時代が同じですと説明を受けていたので帰ってから並べてみると、青の色が同じでした。

希さんでは青の色で時代を見ることを教えてもらえます。

そこが安心なのと、こんなになんでも教えてもらっていいのでしょうか?と思いながら、買うことに対しての安心は他のお店より確実にあります。

私のような主婦が敷居の高いお店に出入りできるのも不思議。

専門書は何を買えば良いか相談すると、私より後に来た人と私に教えてくれた本が違うことにも驚きました。

その人に必要なものや、あうものをリサーチしてからすすめてくれます。

割れたら修理に出せるという安心もあり毎日使ってますが、、、割れません。

これも希さんに理由を聞くと納得。そうだったのか!

これから訪れる方の楽しみとして詳しく書きません。

訪れる場合は好みとかいつも使う食器の写真を持って行くと合わせてくれるのでお任せした方が間違いありません。

 

こんな感じで書いてみました。

恥ずかしいですが、末長くお付き合いして下さい。 S

 

author:古美術 希, category:お客様の声, 14:43
-, -
お客様の声/横浜市O様

 「希」店主 山崎様

 

うちの娘もいつもボヤいているのですが

自分の趣味趣向を語れる相手が数少ないことについつい甘え

昨日は昼時に長居をしてしまい誠に失礼いたしました

 

今日お預かりした末の娘は、我が家に着くなり

長女(10代今右衛門水差し)と席の奪い合いをはじめ

今はシュタイフのテディベアの隣に座を占め

沈香をまとってすまし顔をしております

 

先日ご縁のあった五つ子(初代柿右衛門6寸皿)の兄達も

今日のお話を思い返しつつあらためて拝見すると

陶工の白抜きの技と運筆の冴えがいきわたり

表裏の隔てなく隙のない作品であることを

(つまり山崎さんが猛プッシュされたワケを)

あらためて感得した次第です

 

これだけ子宝に恵まれてきますと

子どもたち同士が机の上で勝手におしゃべりをはじめ

そこに数百年の隔たりはあってなきが如くです

次にどんなご縁が待っているか楽しみにしております

 

横浜 O 拝

花唐草八寸.jpg
 

 

追記:

 

花唐草八寸皿の侍女付きのお嫁入り(婿入り?)支度、

実に面倒なことをお頼みしてしまいましたが

この佳品でこましゃくれた美学専攻生を翻弄してやって下さい

添付は惜別の写真です

よろしくお願い申し上げます m(_ _)m


-----------------------------------------------------------------

いつもご贔屓頂き誠にありがとうございます。

ご拝読頂いておられます皆様には、上の「声」と写真の「声」は別の記事と解釈願います(2件の商談を行いました)
お写真の染付皿は当店の方から現在美学専攻を志、日々、勉学に励まれておられる方へお渡しさせて頂く運びとなりO様からお預かりしております。

古美術品を受継ぐと同時に同じ時代を生きる世代からの譲渡にも深い意味合いが込められており、これぞ日本の粋と称するに値する御心遣いに携われます事に感謝申し上げます。

詳細は内輪で行わせて頂く為、これ以上の記載は控えさせて頂きます。

この度も貴重な時代の資料とも云えるお品物のお引受け、誠に有難うございました。

商談の最後にO様の「それでは、お預かりさせて頂きます」のお声掛けに伏して御礼申し上げます。
今後共、宜しくお願い申し上げます。    店主

 

author:古美術 希, category:お客様の声, 16:48
-, -
お客様の声/Kさん
こんばんは。山崎さん。
<省略>
ご連絡遅くなり申し訳ありません。
信国抜いた瞬間、心がシン、と静かになりました。
そして、まるで私以外にもう一人いるかのような鉄の存在感。
すごいですね。この出合いに感謝いたします。

そして、お忙しさも極まっておられると思われますが、、くれぐれもご自愛くださいませ。

K拝
author:古美術 希, category:お客様の声, 16:05
-, -
お客様の声/Tさん

いつも有り難うございます。

Tです。

先日そちらで購入させていただいた品物が無事到着しました。

お客様の声に載せてください。

希さんとの出会いは希さんのホームページから伊万里の猪口を購入したのが初めでした。

我が家から鎌倉まで片道2時間かかるので、いつかお邪魔したいと思っていて先日ようやく念願叶い来店しました。

ホームページにないものがズラリと並ぶ棚に興奮しっぱなしでした。

伊万里は値段に大幅な差があるのがわからないのに収集していました。

聞いてみると安いものは時代の新しいもので色も高台も違うという説明に妙に納得しました。

帰りに教えてもらった本を書店で取り寄せました。

もっと勉強しようと思ってます。

お邪魔したら見たかった古伊万里は私が行った時には完売で見ることはできなかったけど同じ時代のものを見せてもらいました。

青の色が違うことも教えてもらって少しだけわかったつもりになっています。

前に買った猪口がとっても古いものだと包みを開けた瞬間に素人の私にもわかりました。

間違いのないご商売をされていると思い憧れの鎌倉行きを決心しました。

普通は品物だけ送られてきて終わりなのがネットショップと思っていたら中に手書きの一筆箋が入っていて商品の説明も書かれていたことに驚きました。

商品の時代を書く骨董屋さんに出会ったことがないので驚きと安心と感動で話してみたくなってお礼の電話をしたのは人生で初めてです。

電話で購入した訳を話したら希さんがいつか来てくださいと言ってくれて、その言葉を真に受けてお邪魔しました。

まさか私より年下の女性が経営しているなんて思ってなかったので驚きと親しみやすさで長く居座ってしまいました。

お客さんもみなさん個性が凄いです。

今回の買い物も猪口にして正解です。

前のものと時代が同じぐらいだと言ってたので帰って並べてみると味わいが似てました。

個人的な話を書きますが自宅で料理教室を開くことが夢で食器を集めているうちに和食器から希さんに行き着きました。

これからも教室を頑張って希さんに年に1回は通いたいと思います。

1回しか買い物をしていないのに、しかもネットで。

こちらの好みを見抜く店主のセンスはすごいものがあります。

料理教室にはイギリスの方も参加しているので次回お連れしたいと思います。

 

author:古美術 希, category:お客様の声, 16:03
-, -
お客様の声/S様

山崎様

 

先日は久しぶりにお会いできて嬉しいかったです。

小遣いを工面して手に入れた器は生涯手放すことはないでしょう。

良いものを薦めてもらい満足してます。

もう少し時代の古いものを所有してみたいと私の興味が幕末から江戸初期に至るまで時間はかかりませんでした。

伊万里は堪能しましたので、これからは、あの唐津ですかね。

山崎さんがトーンをそろえて集めることを教えてくれたので、希で購入した器は全部並べてもまとまりがあります。

古染付の淡い青が好みでしたが、これからはワンランク上げて陶器を勉強してみます。

時代背景に何があったか店頭で教えてくれます。

社会科の教科書を買い直して照らし合わせてみたくなりました。

引き続きご鞭撻のほど宜しくお願いします。

今夜は古染付に素麺をのせました。

外食よりも贅沢な気分を味わえますと皆様にお伝えください。

S

author:古美術 希, category:お客様の声, 14:48
-, -