RSS | ATOM | SEARCH
お正月企画 高梨良子作品/特別価格にて御提供

ryouko.takanashi_03.gif

お正月企画 硝子工芸作家 高梨良子作品 特別価格にて御提供


昨日まで石川県金沢市で個展開催されておられた硝子工芸家作品の御案内となります。
会場で御購入に至らなく悔しい思いをされておられましたら必見です。

今や国内にとどまらず海外でも注目されている硝子工芸家、高梨良子作品。

フランスの有名雑誌マリクレールのページを何度となく飾り、多くのパリっ子ファンも所有されている硝子作品。
日常的に取り入れることができる美しいフォルムが人気です。

こちらはフランス パリのSHOPが取材を受けた時の記事です。
写真-2_02.gif
フランス
写真-3_02.gif
テーブルウェアに吹きガラスで制作した高梨良子作品が彩ります。

写真 5.PNG
こちらは縞紋様フロスト大皿
写真-4_02.gif
陶磁器との相性も良く人気です。
写真-1_02.gif
日常的に使えるデザインですのでお洒落なBARとの相性も良く幅広い方々が注目しております。
写真-2_02.gif
こちらはデザインに拘り抜くパリっ子が、ついつい欲しくなってしまう日常インテリアの紹介ページの中にも縞紋様の皿が掲載されております。


そして続きまして。。。

カジノで有名なマカオの高級ホテル「ウィンパレス」内のレストランで豪華な食材を彩る器として現在も使用されております。

写真-1.gif
こちらは現地の方が撮影されたもの。

硝子の質感を活かしたデザートが豪華に盛り付けられております。

そして、最後にオーストラリアのShop HARUでも現在販売中です。


このように日本の有名百貨店や画廊だけに限らず、世界中で人気上昇中の硝子工芸家。

当店で御案内させて頂いております作品の一部をこの度、お正月企画として特別価格にて販売させて頂きます。

作家の人気と共に価格設定の見直しが行われる業界です。

御本人の承諾の元、この度、いつもご愛顧頂いております皆さまへ感謝の気持ちを込めて御提供させて頂きます。

この機会に是非、ご検討下さい。


お正月企画 高梨良子作品 特別価格設定は年明け1月4日までとさせて頂きます。
御発送は年明け1月5日以降となります。

*新たに御発注される場合は現在数ヶ月待ちとなります。御了承願います。

お正月企画 高梨良子作品特別価格のページはこちらをクリックして御覧下さい。



 

author:古美術 希, category:硝子作家/高梨良子さん, 18:40
-, -
高梨良子 吹き硝子展 in金沢
写真-1.gif
只今、石川県金沢市で行われている「高梨良子吹き硝子展」の御案内です。
-銅赤の硝子-
場所 茶房 一笑(さぼう いっしょう)
会期/12月2日(金)〜25日(日)まで
時間/10時〜18時
定休日/月曜日
作家在廊日/12月3日、10日、11日、17日

〒920-0831
石川県金沢市東山1-26-13
電話 076-251-0108


写真 3.JPG
個展会場内のお写真を頂戴しました。

写真 2.JPG
和の雰囲気に馴染む作品に相応しい空間となっております。

写真 1.JPG
日常、お使い頂きたいと日々工房で制作された作品の集大成が揃っております。

写真 5.JPG
明かりが差し込むと陰影が美しい作品は曲線の美しさに目を奪われます。
写真 4.JPG
こちらのスペースには拘りの新作も見受けられます。
写真 3.JPG
蓋物に挑戦されたようで縞紋様が特徴の作品は器としての用途を限りなくシンプルに表現しております。

手に取りますと硝子の質感の良さと加えるデザインと省くデザインのバランス感覚が研ぎ澄まされた個体に感動します。

可愛い、美しい!と、当店を訪れるファンの方も多く展示会を重ねるたびに加わる新作には試行錯誤の末に生み出された繊細な作品が多くの方々の日常を彩ります。

こちらは神奈川県の鎌倉市より御案内致しておりますが、期間中に石川県金沢市におられる方は是非、訪れてみて下さい。
無機質な所謂画廊と呼ばれる空間で見るのも個体が引き立ち素敵ですが、今回の個展は空間に存在する作品として御覧頂ける内容と成っております。

金沢の文化と共にお楽しみ頂けます事を保証致します。   古美術 希 店主
author:古美術 希, category:硝子作家/高梨良子さん, 11:00
-, -
高梨良子新作アップ完了/追記有り

高梨良子作品←こちらをクリックして御覧下さい。


お待たせ致しました(ファンの方、遅くなり申し訳ございません)

今回は季節に合わせてフロスト硝子(くもり硝子)のグラスも入荷致しました。
手に馴染むフォルムが人気のワイングラスと海外向けに作られた大きなビールグラスが入荷です。

その他にもクリスマス&正月に御使用頂きたい、ぐいのみやコンフォート、大鉢等が入荷。
繊細な造りにファンも多く、遥々他県からもお越し頂いております。
数に限りがございますので、お早めに御検討下さい。


残業中です。
御電話&メールの御返事…明日でも宜しいでしょうか…。。。

申し訳ございません。
明日以降に御返事申し上げます。

本日もありがとうございました。

年内の営業は12月28日までとさせて頂きます。
author:古美術 希, category:硝子作家/高梨良子さん, 16:28
-, -
紫蘇ジュース
写真.JPG
料理人さんから差し入れを頂戴する恵まれた環境の中…本日も「紫蘇ジュース」の差し入れ頂戴成り。
(アップする余裕がある時と無い時がございます…御了承下さい)←って言わなくても大丈夫な関係が殆どですけどね^^

贅沢に高梨良子作品へ注いでみました。
フランスでは「ワイングラス」として販売されております。
そのワイングラスにどっぷり日本人の私は紫蘇ジュースで対抗です^^
氷が無かったのが残念ですが、この時期に有難い甘酸っぱさが身体に染み渡ります…美味しい…。。。

昼下がりのウダル暑さの日光の中、格子の影と縞紋様。
和製ワイングラスも乙なものです♪

グラス御購入は『縞紋様ワイングラス』←こちらをクリックして下さい。

クリスタルの手触りが高級感を肌で感じられるグラスです。
日本人女性の手に馴染みやすくシックリと片手で持ち上げられるようクボミがポイントです。
市販されているグラスとは異なる手触り、口当たりを御堪能頂けましたら幸いです。
author:古美術 希, category:硝子作家/高梨良子さん, 15:52
-, -
6月の最終日に更新しておきます/高梨良子作/夏の器
こんにちは。
本日は次から次に女性軍に御来店頂きまして…「個性豊かな女衆の館」化しておりました店内より、高梨良子作品のコーディネートを御案内申し上げます。
…本当にパワフルの針を振り切った女衆に恵まれ…囲まれ…。
押忍。の店主でございます。
(いつもながら意味不明の書き出しにて失礼申し上げております)
本日は女性目線での御案内です。
2015-6-30.gif
高梨良子作品を夏に楽しく使おう!
(えいえいおー!)
と、言う事で、Iさんにコーディネートをしてもらいました。
現在は美濃焼きのプレート皿に小皿(豆皿)をちりばめて、少量の料理を盛付けましょうと言う御案内ですが、そのうち、おそらくプレート皿に「漆器」が加わるかと思います。
夏場に発注すると職人さんに「えー」と言われてしまいますがデザイン等の企画がかたまり次第、進行させて頂きます。
(と、ここまでは午前の部)
01.gif
一度、解散!してから、更にお庭の草木を持ってきて頂きました。
本当に有難うございます。
やはり、少しだけ緑が入ると違った印象になりますね。
こちらは素麺等に御使用頂けたらと御案内させて頂きます。
02.JPG
それから、小鳥の箸置きが「可愛い〜♪」と大人気の為、近日中に再入荷予定になりました。
縞紋様の小皿に…少しだけ料理を添えて、小鳥を添えて…。。。
箸も、もっと色気のあるものに変更予定です。
これは、これで充分に可愛いです。
04.gif
最後に水ようかんを「ひとくち」がテーマ?の組み合わせです。
ここに水ようかんを添えて再度撮影をお約束して本日はお開き。

03.JPG

店の前のディスプレイも青々と涼しい雰囲気に変えました。
Iさんに道路に出てもらい内側から私が設置する…こんな事をさせられないような方なんですけどね。
普通に「もっと右〜そこそこ〜!」と笑って店のディスプレイに参加してくれます^^

本日は、そんな『れでぃーすでい』でございました。

ちなみに高梨良子さんにも確認した所、「シックで涼しげですね^^」

これから来る暑い、暑い夏に御使用頂けましたら幸いです。


---------------------------------------------------


と!

ここまで書いて以下、カテゴリー「その他」のような内容


最近、あれ〜?この子、どっかで見たな。。。と言う若い青年?が混雑時に来店しては去っていっておりました。

つい先程、再来店。

「お久しぶりです」

の言葉に、やっぱり、この子とは前に会っていたよな〜と再確認。

話をしていくウチに数年前に来店された方の事も思い出すのですが。

この子は…1分足らずで思い出しました。

「あー!」

とっさにお尻をパシッと叩き「今まで、な〜にやってたんだ!」と、ウルサイおばちゃん丸出しに。

「今、○○に弟子入りしてます」

数年前に彼女を連れて何度か訪れては色々話した青年も、も〜30代との事で、本日も色々話して解散した次第です。

ま〜、これを読んでいるかわかりませんが、今日、ここに再来店した事を記載して残しておきたいので書きました。

応援しております。

そして、あの彼女の事も応援しております。

お客さまから「希劇場」と良く言われますが、そんな、人の過程も残させて頂きます。


最後の最後に、本日でお隣のスーパーが店じまいです。

これから改めて御挨拶に伺いますが、既にわたくし…半べそです。

「明日からも会えるから」と、のれん下げている時に御主人に笑われましたが…。。。


今年の北鎌倉の6月、これにて終了〜!


ではでは。
author:古美術 希, category:硝子作家/高梨良子さん, 18:09
-, -
高梨良子作/グラス&豆皿入荷

本日、高梨さん作、夏にぴったり♪なグラスと豆皿が入荷致しました。
写真がザックリした紹介になってしまい申し訳ございません。

工房の室温が現在40度を越える中、制作して頂いた、正に汗と汗と汗と…の結晶の作品です。
とても爽やかな器で、この夏を楽しくお過ごし頂けましたら幸いです。

2015.6.15/記事追加


銀線紋豆皿←御購入はこちらをクリックして下さい


とても綺麗な豆皿です。
詳細は上記ページで商品説明欄に記載してあります。
是非、御検討下さい。
author:, category:硝子作家/高梨良子さん, 15:19
-, -
フランス雑誌/高梨良子作品掲載ページ

フランスの雑誌で高梨さんの作品が紹介されているページを抜粋させて頂きます。










ページの順番はバラバラですが…^^;御了承下さい。










marie claire

フランス語の和訳は…少々お待ち下さいませ^^;

和のモダンなガラス食器。

店頭でも色々な国の方が手に取り、作り方や今までの経歴を教えて欲しい!と驚かれております。

とても繊細な線はガラスの棒状のものから作ります。

作り方の画像も拝借しておりますが、こちらも折を見て御案内出来ればと思います。

まずは、高い評価を得ておられる作品を手に取り、御使用下さい。

とても温かみのある作品です。

世界の誇れるmade in japan!

author:, category:硝子作家/高梨良子さん, 13:51
-, -
残業中〜
今朝は朝一番に硝子工芸作家の高梨良子さんが金沢に帰る前に店に立ち寄って下さいました。

現在、鎌倉の小町通で個展開催中です。詳細は当店へお問合せ下さい。明日までです。
色々な制作に関してのお話をしていくうちに時間は午後へ…。
とても繊細な作品は海外でも高い評価を得ております。
志し高く、今後も素敵な作品を製作して頂き、当店の方でも応援させて頂く所存でおります。

と、ちょっと真面目な話を書こうかと思いましたが…。
御近所さんから閉店後に差し入れ♪

閉店後の店内にニョキッと筍♪

ふ〜。。。
真面目なお話は後日、改めさせて頂きますね。

本日も料理人を目指される方々や各方面の研究者の皆々様の御来店により、無事終了〜。

お家に帰って筍茹でます^^;

おつかれさまでした。
明日は定休日です。
午前中はバタバタしておりますが、午後でしたらお問合せ電話、承ります。
author:, category:硝子作家/高梨良子さん, 18:15
-, -
硝子「作家」さんを御紹介

一つ前のコラムにて御紹介致しました、高梨良子さんの作品が入荷致しました。

店主の私より、ちょーっと年上の高梨さんは、店主の私より、かーなーりお若い雰囲気で可愛らしく、性格はサッバサバした方です(こんな紹介の仕方で叱られそうですが)
高梨さんと共通の知り合いの○○音楽堂館長さんからの御紹介で知り合いました。

フランス、パリにて個展を開かれる等の御活躍が今後の御活躍を益々感じさせる活動的な方です。
私が注目したのは自らの窯を開き、これからドンドン制作していく!という意気込みですね。

柔らかい曲線の中に繊細な糸のような線が特徴的です。
食卓を彩る硝子食器に、お一つ如何でしょうか?
とても人気の作家さんですので、次回入荷未定。
店頭で是非、御覧下さい。
author:, category:硝子作家/高梨良子さん, 17:03
-, -
硝子作家 高梨良子氏の紹介

高梨 良子  たかなし りょうこ 
プロフィール
石川県金沢市在住
1975 神奈川県横浜市生まれ
1995 女子美術短期大学 生活デザイン専攻
1998〜 朝日カルチャーセンター
2000 「トンボ玉制作教室」にて内田敏樹氏に師事。
2000 東京ガラス工芸研究所卒業、
         徳島ガラススタジオ勤務
2004 富山ガラス工房勤務
2007 硝子工房ORIGINAL FORMを設立

展覧会等
2000 日本学生ガラス展GAS (愛知/瀬戸)
2001 国際ガラス展 金沢2001 入選 (石川)
2002 徳島県展 入選 (徳島)
2003 ガレの森美術館 作品収蔵 (徳島)
   第2回金津創作の森 酒の器の公募展 入選
2004 第3回金津創作の森 酒の器の公募展 入選 (福井/金津)
2005 個展 伊勢丹新宿店 (東京)
2006 個展 ギャラリーhotsumi (東京/恵比寿)
   Dab内装プロジェクトに参加 (東京/表参道)
2007 松屋銀座 日本のかたち展 (東京)
2008 個展 松屋銀座 (東京)
   個展 GALLEY MITATE (東京/六本木)
2009 個展 ギャラリーシュマン (京都)
2010 個展 一翠堂 (神奈川/鎌倉)以降毎年
   個展 ギャラリーシュマン(京都)
   個展 GALLEY MITATE (東京/六本木)
2011 個展 画廊 凛 (岐阜/関)
   個展 金澤画廊 (石川/金沢) 以降毎年
   個展 西宮阪急百貨店 (神戸)
   メゾン・エ・オブジェ参加(フランス / パリ)以降毎年
2014 吹き硝子工房を石川県能美市に移設

2015 個展 神奈川県鎌倉市の画廊にて高梨良子展 

         フランス 雑誌 マリクレールで作品が取り上げられフランス シャンジェリゼ通りのshopにて販売中

2016 マカオ ウィンパレス内のレストランで作品が豪華な器として使用される

   個展 神奈川県鎌倉市の画廊にて高梨良子展  

   個展 石川県金沢市の画廊にて高梨良子展  


他各地にて個展、グループ展多数


作品御購入は、こちらから←クリックして下さい。

以下、2015年2月14日更新

石川県にある高梨さんの工房です。

古民家と蔵を改築されたとの事で…

雰囲気の素敵な工房です。

こちらで制作の日々をおくられております。

工房の中です。

これからも素敵な作品を御案内させて頂きます。
 

author:, category:硝子作家/高梨良子さん, 16:05
-, -