修理・修復再開について

  • 2020.02.17 Monday
  • 18:04

こちらの記事の最後にも記載させて頂きましたが、長年ご愛顧頂いております皆様へ

修理・修復体制の立て直し完了しました。
今までお世話になりましたOさんには引き続き修理をお願いさせて頂く部分も多々ございます。
やはりOさんの修理を求められる方も多くおられますので今後とも宜しくお願いします。

それぞれの分野毎により一層、修理時間を費やせるように致しました。

本日は画像付きで金・銀継で仕上がりのご報告をさせて頂きます。

当店の金継は全て国産生漆による修理を施しております。
*画像は第一段階=ここから乾かして形を整え更に同等作業を繰り返します。

 金・銀継の仕上がり目安1〜2ヶ月

小さな欠け(ハマグリ)程の傷も修理可能です。

又、当店等の商品は予め修理を施してからの販売を心掛けておりますが、物により所有者になられる方の好みが分かれる修理と判断した場合は、ご購入時に修理箇所の仕上がりをご相談・ご検討して頂き、好みに合わせて修理を致しております。

ご参考までに、過去記事にもございますが、初期伊万里や李朝など、素朴さを際立たせる為に敢えて漆のみの修理跡や、場合により銀による継を行います。

 

2013年お客様の声←こちらの初期伊万里はOさんのご希望により銀継となりました(ご参考までに)

店頭販売品で割れ・欠けの生じているものに関しては、それ相応の価格設定を致しております。
そこに修理代金をご検討頂いてから販売=ご購入とさせて頂いております。

素材や状態により修理代金が異なります。
修理代金は引き続き店頭、もしくはお写真・画像送付の上でご相談下さい。

*修理品仕上がっております=個別にご連絡致しますのでメール・電話着信のご確認お願い申し上げます!

 

*桐箱作成は終了のままですが、サイズが合うものが当店にございましたらお安く販売致しております(場合により無料)

 

*茶釜・鉄瓶の修理再開しました

 

*漆器の修理再開しました

 

 

 

お客様の声/横浜市 Y.Y様(漆器修理)

  • 2020.01.07 Tuesday
  • 16:37
年末はありがとうございました。

長々とお邪魔してすみませんでした。また、その後に丁寧なメールを戴いたのに返信がすっかり遅くなってしまいました。

新年はYの家は喪中であり、実家の93才の父は入院中でありましたが、集まれる親戚は集まってお正月をしました。お重もきれいになって実家の母もとても喜んでいました。

お節料理は若者には人気絶大というわけにはいきませんが、やはり年の一度は頂きたい伝えていきたい料理だと思っています。その時の写メを撮りましたのであまり上手とは言えませんがおくります。
メール長くなりそうなので、項目毎に送ります。

<メール2通目は別件の為、省略します>
1578361033028.jpg

*****************

昨年の夏の終わり8月31日に御重の修理をご依頼頂き、Yさんへ納められたのが年の暮れ12月中旬となりました。

Yさんの御実家O家で代々受け継いで来られた御重を、嫁ぎ先のY家で受け継がれていかれる事を御決断された御重。

古の漆職人が手がけた伊勢海老が描かれており、表は漆黒、内側が朱塗りの4段重(箱)でした。

ご依頼されたYさんのお祖母様の代から使用されてきたとの事で、御重の状態を拝見させて頂いた時は、正にその年月が刻まれた状態でした。

漆器は割れ・欠け・ヒビ・剥がれが生じますと、そこから汁物が素地に到達し、その僅かな部分から塗りが剥がれてくる事がございます。
今回はありませんでしたが、そのまま放置しますとカビが発生する場合もあります。

又、乾燥によるヒビも同じく、実際に使用される時にチェックして頂きたい部分でもあります。

(注意:基本的に国産漆で作られた漆器は日本の湿度にあっている為、それ程、神経質にならなくても大丈夫です/国外に出す場合は様々な意味で注意が必要です=御不安な場合は問い合わせよりご相談下さい)

Yさんの御重は部分的な細かな傷と剥がれが生じておりましたので、部分修理を施す事も可能ではございましたが、全体的な雰囲気を保つ為に内側は全て朱塗で全面塗り直しました。
*蓋の裏だけは状態が良かったので当時のまま

漆黒の部分に関しましては、予め、素地を切り抜き、他の木を当て込んで塗り直す方法もございましたが、納期も踏まえて剥がれている部分を剥がして塗り直す、部分修理に留めました。
この場合は、肉眼でジックリご覧頂くと修理箇所がわかります。
敢えて、修理をした部分を残して下さいと仰る方もおりますので、今回の場合は部分修理に留め、数十年後に再び、その箇所に問題が生じた場合は上記にあります他の木を当て込むようにされるように、受け取り時にYさんとご一緒にいらした御令嬢にお伝えさせて頂きました。

ご家族間で受け継がれていく事の意味は各ご家庭で様々ではございますが、Yさんのように思い出と共に親から子へ‥‥を繰り返される方は本当の意味での家宝を所有されます。

時代が戦時中ともなれば受け継ぎたくても叶わなかった事が現代では考え方1つで可能です。

御重にY家の御節料理が詰められました事に安堵致しました。

修理をする側にも最新の注意を払う姿勢を保たせて頂きました事、有り難く感謝申し上げます。

本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。 店主
 

*********************

 

続きがございましたので、続きます‥‥。

 

*********************
 


お重にお屠蘇の什器が付いていたと思い出して、実家で箱を取り出してみました。

木箱の中身を取り出したところ、お屠蘇の什器の他に、汁椀5つ、取り皿5枚、全てを乗せられるお盆がついていました。そういえば、私の祖母がまだ健在で私がまだ幼かった頃、大事そうに並べていたのを思い出しました。この写メも撮りましたのでご参考までに送ります。


以下、画像まとめました。

y.y-01.png

y.y-02.png

y.y-03.png

*********************

 


驚きの「一式」登場。

益々、Y家の家宝として継承し続けて下さい。

海外へ漆器を輸出していた頃の作とお見受けしました。

御重の保存状態とは異なる‥‥御立派な色艶♪

またのご来店お待ち申し上げます。店主

 

2019年度 修理品御依頼に関して

  • 2019.11.17 Sunday
  • 14:50

 

2019年度 器などの修理品御依頼に関して

本日付で修理品御依頼品の仕上がりは年明け2020年となります。

本日よりご依頼頂いた場合は年内修理完成は不可能となりますのでご注意下さい。

現段階で受付しております修理品一部年明けとなる見込みです。

ご依頼頂いておりますお客様へ、個別にご連絡申し上げます。

何卒、ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

 

金継の味わい(ドーナッツ添えて)

  • 2019.10.24 Thursday
  • 17:12

IMG_0900.jpg
ドーナッツが美味しそう‥‥‥ではなくて。

御注目頂きたいのは金継部分。

IMG_0897.jpg
それなら、なぜドーナッツ添えるの‥‥‥と、ダイエット中の方からクレーム殺到しそうな記事にて失礼致します。

IMG_0899.jpg
金継が施してある皿は1700年代に作られた藍九谷という珍しい白抜き技法が特徴的な逸品です。

時代の流れによって割れてしまうこともありますよね。

IMG_0898.jpg
こちらも1700年代後期から1800年代前期に作られた、コロコロとしたフォルムが可愛いころ茶碗。

修復により更に味わい深い小さな器として生まれ変わった姿は健気です。

IMG_0901.jpg
金継の基本は本漆(当店では国産漆使用)で割れた部分を接着し、湿度を保ち自然乾燥を経て純金で化粧を施すように仕上げます。

破れ方により、金の部分が景色となるので、修理完成後、殆どの方々から

「以前より愛着が湧いてきた!」
「もっと大事に扱おうと思えるようになりました」

「山の形が富士山みたいに見える」

等、お声がけ頂いております。

時代物の場合は捨てずに、一度、当店へお声掛け下さい。

その場で修理に出した方が良いか?それとも買い替えの方が賢明かをお応えさせて頂いております。

修理品に関しましては、修理を『する』・『しない』の、どちらかを店主の方で判断致しております。

この時に査定の申し出はお断り致します。

あくまでも後世へ残すべきものか?の判断をさせて頂きますので、査定・鑑定は別として御依頼下さい。

修理品の場合は予め写真をお送り頂けましたら、お返事申し上げます。

修理品に限りましては、店内持ち込み可能としております。

お気軽にお声掛け下さい。



*ドーナッツ&コーヒーは、また再び使えるようになりますよ〜♪の参考写真としてご覧下さい。


 

修理品の御依頼について

  • 2019.10.15 Tuesday
  • 16:16


*画像クリックで古美術希ホームページ[修復について]が開きます。

災害に遭われた美術品(銃刀剣含)の修理依頼は日常生活を取り戻されてから順次お声がけ下さい。

くれぐれも御無理の無いように皆様の御体調優先にてお願い申し上げます。

過去の経験上、半年後頃に御依頼・お問い合わせが殺到します。

ご依頼頂きました場合は誠心誠意対応させて頂きます。

今は日常生活を取り戻される事に集中し必ず日常生活へ戻りますので希望を捨てずにお過ごし願います。

微弱ながら、お力添え出来る事がございましたら御遠慮なくお声がけ頂けますようお願い申し上げます。

配送会社の受付が再開しましたら修理品の受取・保管承ります。 店主

漆器の修理 再開のお知らせ

  • 2019.09.02 Monday
  • 12:08


漆器の修理を再開致します。

年末年始は大変混み合いますので、なるべくお早めにご依頼願います。


金継・銀継は今まで同様、承ります。

仏像の修復は完全終了と致します。

茶釜の修理は現在受付終了となりました。

貴金属製品・木材の美術品の修理も受付終了となりました。

桐箱作成も完全終了と致しますが、店頭にある空箱で宜しければお譲りしております。
 対象物のサイズを予めお確かめ頂き、サイズメモをお手元にご用意された上で、お問い合わせ下さい。

お客様の声/K.T様(日本←→アメリカ)

  • 2019.06.04 Tuesday
  • 11:40
希 山崎様

この度は、お世話になり誠にありがとうございました。

今回の修理に付いて希さんのブログに名前を伏せた形で投稿ご希望とのこと、承知い
たしました。写真もどうぞお使い下さい。このような破損事故にもし遭われた方の参
考になれば、幸いです。
修復師さんにも大変、お世話になりました。
お陰さまでアメリカで、あの釜が、家族の楽しみの役にたっていると思うと嬉しく思
います。

まだ保険の方日本の郵便局は、アメリカから連絡なしのことで進んでいませんが、そ
のうち何か知らせがあることでしょう。

思いがけないことで希様とご縁ができて、もしお店を覗かせていただけたら楽しいだ
ろうなと思いました。  私は最近は、なかなか出かけられなくなりましたが。
 
どうぞくれぐれもご自愛くださいませ。
             K.T

T.png
御依頼時の状況写真(T様より送付頂きました)

knikpoebcjfkfogk.jpg
修理完成
ehagoiajffmnkabe.jpg
修理内容、以下、店主文章内にございます
iihcnfcfkdglabea.jpg
このような仕上がりとなりました
inadbcgaklilfkkn.jpg
アメリカへEMSにて発送

*********************************

希 山崎様

 

アメリカの息子から連絡があり、無事にお茶の蓋届きました。誠にありがとうござい
ました。

難しい作業をしていただき、本人も喜んでいました

 

5月22日三菱銀行より(特別価格の為伏せます)円ふりこみました。

いろいろお手数をかけ、ほんとうにありがとうございました。

                                      
K.T

**************************
*こちらの記事は時期を見て、カテゴリー「お客様の声」から「修復師」へ移動する予定です*
*2019.7.5カテゴリー修復師へ移動

T様、御協力頂きまして誠にありがとうございました。


アメリカの御子息様へ茶釜を送った際、蓋のツマミの真が折れてしまったとの内容をお電話で承り、海外から日本へ修理依頼の確認で情報交換を行い、無事、修理完了後、アメリカへ納まりました。


修理内容として、当初は真を抜いて入れ替えの工程を予定しておりましたが、真を抜く際に他の部分へ傷がついてしまうと修復師の判断により、銅線を巻き接着し面取を行う運びとなりました。

衝撃に弱い為、今後は落下させないよう気をつけて頂けましたら幸いです。
使い込んでいく過程で色も馴染んでくると思われます。

海外から御依頼頂く場合は予め画像(写真)を送付頂けましたら修理可能・不可能の判断が早くつきますので、御依頼時に今回のTさんのように、御協力頂けますようお願い申しあげます。

この度は不慣れな確認作業に御協力頂きましたT様には心より御礼申しあげます。
鎌倉へお出かけになられる事がございましたら、お立ち寄り下さいませ。

**************************

 

 

*配送時の破損事故に関しましては、運送会社様からの御依頼と御本人様からの御依頼、共に承っております。

 

破損品の査定・鑑定も有料¥3,240.-(税込)にて承ります。

査定・鑑定をお求めでは無い場合は修理代金のみを御提示とします。

 

過去の事例から、今回のように破損品の修理代金を保険会社へ御提示される案件が多く、破損品の全額保証となる場合は、破損品の修理が行えない場合となります。修理が不可能な場合は、全額保証された後、その対象物はお客様のお手元には納まりません。保険会社の方でお引き取りになられる事が一般的です。

 

出来る限り修理を行い、修理代金を当店からご請求申し上げた全額を運送会社・保険会社へ御提示後、今回の件のように代々、受け継がれて行かれる事を切にのぞみます。

 

*修理代金は一時的にお客様ご負担の場合か、もしくは保険会社より支払われた金額(当店が提示した全額)をお支払いになる2パターンが殆どです。

 

代替え品の無い美術品のお取扱いは御発送時に運送会社が定めている保険金額をご確認の上、正式に保険料を支払い、郵送される事をお薦め致します。

 

海外に限らず、日本国内でも同様に運送会社へ予めご確認される事を皆々様方へお願い申し上げます。店主

 

*運送会社様からの査定・鑑定の御依頼の場合は2017.11.25より一般のお客様同様1点¥3,240.-と定めました。

詳しくは「買取/査定・鑑定」←こちらを御拝読願います。



2019.7.12 受理されるまでの期間は日付を目安にして下さい。


以下、K.T様より

希 山崎様

 
お世話になりました釜の蓋、損害賠償、郵便局にて受理され、時間はかかりましたが、お陰さまで、¥------請求どうりおりました。
いろいろおせわになり、ご心配頂き本当に有難うございました。ご報告致します、どうぞご安心くださいませ。
 
梅雨空が続いていますがどうぞお体お大切に、お過ごし下さいませ。
                                       K.T
 

 

 

 

 

 

お客様の声/市内 U.K様 金継御依頼

  • 2019.06.01 Saturday
  • 18:50
店主さま

修理してもらった器、有難うござました。
初めて買った古い物だったので、捨ててはダメだとわかっていたんだけど、お店に寄って良かったです。
金継ぎを初めて知りました。
いや、聞いたことはあったけど、どんなものか実物を見たのは初めて。
いつも勉強になります。
使いやすいから、これからも大事にします。
金継ぎしてくれた職人さんにも御礼を伝えて下さい。
これからは日本文化をもっと大事にちゃんと勉強して行きます。
紫陽花で混んでくるので店主さんもお身体気をつけて下さい。
私の場合は土日は他県に脱出します。

U.K

*******************

*こちらの記事は時期を見て、カテゴリー「お客様の声」から「修復師」へ移動する予定です* 
*2019.7.5カテゴリー修復師へ移動


先月、頂戴していたメールです(掲載遅くなりまして申し訳ございません)

Uさんから御依頼頂いたのは当店から御購入頂いた向付。
縁が欠けてしまったとの事でお声掛け頂きました。

仕上がりに御満足頂けた御様子で安心致しました。
末長く御愛用頂けましたら幸いです。

紫陽花シーズン、有難うございます。 店主

*重要*修復について

  • 2019.04.12 Friday
  • 18:21

 

修復について、お知らせです

▪️陶磁器の金継=引き続き続行

▪️漆器修理=終了

▪️仏像の修復=終了

▪️桐箱の作成=終了

 

*終了=今後も承れません。


『修復について』←こちらを御覧下さい。

尚、現在、修理品の御依頼が大変混み合っております。

御依頼品は承りました順に御対応させて頂いております。

現在、仕上がりまで2〜3ヶ月要します。

お客様のご都合でお急ぎの場合は、他店舗へ御依頼願います。

修理品の仕上がり予定日のお知らせ

  • 2018.09.24 Monday
  • 16:35
修理御依頼中の皆様へ

予定日として28日(金)以降、店頭にてお引き渡し可能となります。

27日(木)に順次、電話&メールにてお知らせ申し上げます。

宜しくお願い申し上げます。   店主

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM